11.24.2010

2010年11月21日 空木岳(日帰り)◎長野県

中央アルプスの空木岳(2864m)日帰りです。



往復10時間、これまでの日帰り山行で、
もっとも長い時間、長い距離を歩いた。
疲れた〜。




6:50◎登山口
当初は6時頃からスタートする予定が
寝坊してしまい約1時間のロスorz。



1時間ちょいで、水場へ到着。
ここから先は水がない。



核心部・大地獄。
凍結していてヤバイ。



たまらずアイゼンを装着。
6本爪。



空木平と空木岳(稜線ルート)との分岐。
ヤマケイのアルペンガイドによると
空木平方面のルートの方が15分早いとのことで、
空木平ルートをチョイス。
あとから気付いたが、アルペンガイドに書いてあったのは
夏山のコースタイムだった…。



あと1時間でゴール(と思っていた)!
が、ここからが本当の地獄のはじまりだった。


うさぎの足跡。



空木平の避難小屋。
ここまでは楽勝だったが、
ここからが登り返しとなる。



空木岳が前方にそびえる。
空木平は広々としていて気持ちがよいのだが…



避難小屋を越えて斜面にさしかかると
積もった雪が行く手を拒む。
トレース跡はあったが少し前のものらしく
所々で消えかかっている。
足首まで雪にはまり、
深いところでは股下まで埋まってしまった。
かなりヘコむ。
何度も心が折れそうになる。



ピーク直下の駒峰ヒュッテまでもう少し。
暗くなる前に下山したかったので
ピークに立てずとも12時30分には引き返す予定だった。
でも、ここまで来たからには行くしかない。
もうひと息だ。



てなわけで、12時30分過ぎに駒峰ヒュッテに到着。
めちゃエラかった〜。
パンを食べてからピークへ向かう。



ピーク直下の斜面。
積雪はそんなに多くない。



駒峰ヒュッテから空木岳山頂まで約10分。
とうとうそのときが来た☆



頂上では素晴らしいシーンが待っていた。
辛かっただけに感動もひとしお。
ホント登ってよかった♥



で、お約束の証拠写真をパチリ。



南駒ヶ岳方面



御嶽山



南アルプスの北岳
その後にちょこんと顔を出す富士山



10月に登った甲斐駒



同じく10月に登った八ヶ岳



ピラミダルな宝剣と
ずっと向こうに槍ヶ岳



帰りは稜線ルートで。
この石は駒石というらしい。



17時前に登山口に無事帰還。



詳細はヤマレコにて。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-88014.html




0 件のコメント:

コメントを投稿