1.06.2011

八ヶ岳gear1/TIGER SAHARA



bp-hiroさんのこのブログを見て、
「ムム、これはエエやん!」と、即買したブツです。
使ってみたところ、かな〜りエエ感じ♥



山登りの行動中(&休憩時)に水分補給はかかせない。
春から秋にかけては、プラティパスのハイドレーションを使っているが、
厳冬期の山ではチューブの中の水が凍ってしまい使い物にならんらしい(試したことはない)。
仮に凍らなかったとしても、冬山で冷たい水っちゅーのはめちゃ辛い
寒いときはやっぱり「温かいもんを飲みてぇ!」と思うのが人情ってもんだろう。
テルモス0.5Lはザックに忍ばしてあるものの、
休憩の度にいちいちザックからテルモスを取り出すのは面倒くさい。



………………………………で、コレだ、1・2・3 ↓
タイガー魔法瓶「SAHARA ステンレスミニボトル」0.3L(青)&0.2L(赤)。
サイズは0.3Lが5.8×5.8×18.1cm、0.2Lが5.8×5.8×13.3cm。
amazonで0.3Lを1980円、0.2Lを1580円で購入。







中はこんな感じ。真空層はたった1mmということだ(メーカーHPより)。
かなり薄いので保温性がやや不安だったが、今回の山行では十分に合格点!
今回の行動は長くても5時間半程度だったので、中の白湯は最後まで温かかった。
(余談だが、下界で飲む白湯は激マズだが、雪山で味わう白湯は激ウマである)
もちろんチンチンに熱いままというわけではなく時間の経過とともに温度は下がる。
また、0.3Lにくらべ0.2Lの方が冷めやすかったが、最後まで人肌以上(?)をキープ。
というか、0.2Lは冷め切る前に飲み切っちゃう








で、飲み切っちゃったときはどうするかというと、
当たり前ですが、ザックの中に忍ばしておいたテルモスが活躍するんですな。
山小屋や風の当たらないところで、テルモスの湯をSAHARAに移せばいいのである。
今回は、アウターの(外側の)胸ポケットに入れて携帯した。
でも……









ウーム、ポケットが膨らんじゃって、
せっかくのオサレが台無しやんかorz。







………………………………で、コレだ、1・2・3 ↓
パパパ、パッパパー!
nalgenのHD ボトルケースゥ〜(0.5L)。
とりあえず0.2L用に買ってみた。
SAHARA(0.2L)を入れてみると……







お見事、ジャストサイズやん!







ただ、0.3Lボトルにはちと小さい。ほかのケースを考えねば。








裏側にはDリングやタテヨコのベルクロが付いている。
このタテヨコ方向のベルクロが秀逸過ぎッ
ショルダーベルトやヒップベルトへ容易に装着できそうだ。
ほかのケースをいろいろと見てみたが、
タテヨコダブルのベルクロはこのケースだけだった(と思う)。
痒いところに手が届くとはまさにこのこと。
ウーム、よく考えられているぜ、nalgen!







一点のみ。
難点というわけではないが、
1回の使用で表面が禿げて、もとい剥げてしまったYO。
気になる人には気になるけど、
気にならない人には気にならない(なんのこっちゃ?)。
もちろん僕は後者です、ハイ。



↓気になる人も、気にならない人も!
人気ブログランキングへ


追記
0.3L用のケースを東急ハンズでゲット。
1995円なり。









0 件のコメント:

コメントを投稿