3.23.2011

海、岬、石垣


3月17日〜21日、四国へ行ってきた。
四国の西半分をグルリと1周、総走行距離は約1800km。
長年行ってみたかった石垣集落の風景は、
素晴らしいのひと言に尽きる。










しまなみ海道。
島々に掛かる橋。
大三島より。





レモン色の小屋。
海と空の碧とのコントラストが美しい。
大三島より。





蜜柑(の類)。





佐田岬へと向かう道には菜の花が咲いていた。
愛媛県、国道378号線「夕やけこやけライン」。





四国最西端の佐田岬には、数多くの風車が。





佐田岬尖端にある灯台。





駐車場から約20分歩くと灯台に着く。





名取の石垣集落(佐田岬)。





遊子の段畑。ジャガイモ畑が山の上まで続いている。





江戸末期から明治時代にかけて作られたようだ。
石垣化するのは明治末期から大正時代にかけて。





ずっと行ってみたかった外泊の石垣集落。





かっこよ過ぎる〜!





お約束の足摺岬へも足を延ばした。





四万十川の沈下橋のひとつ、三里沈下橋。





高知入野の夜の海。





それでも月は、今日も輝く。




0 件のコメント:

コメントを投稿