7.07.2011

北岳
1泊2日◎山梨県
2011年7月2日〜3日 *初日




まだまだ梅雨は明け切らない7月初旬。
前日までの天気予報では土日とも曇りor雨とのこと。
しかし、自分には“ピーカン力”がある、はず。
晴れぬなら晴らしてみせようホトトギス。
そう言い聞かせ、深夜の中央道を一路北へ。
朝、林道バスに乗り、広河原の登山口へ向かう。
車窓から見えた景色は、こんな感じ↓。YES!!!
山頂付近に雲があるものの、見事な青空が広がっていた。
自分でも己の持ってる力が、ホンマ恐ろしいわ〜。
と、思っていた…。

ということで、行くぜ、北岳!




人気ブログランキングへ





名古屋を22時頃に出発。
友人をピックアップしにいく車中ではたと気付く。
「しもうた、おでん持ってくるの忘れてきてしもうた〜!
家へ取りに帰ることも考えたが、とき既に遅し。
山へ行く前から、車のなかに早くも暗雲が立ちこめたよ
ハァ〜、楽しみがひとつ減ってまったがね〜orz。
…と思いきや、立ち寄ったセブンイレブンに売ってるではにゃーか!
ハラショー♥セブンイレブン。








さて、そんなわけで、深夜1時30分過ぎに仙流荘に到着。
駐車場には車が20〜30台程度と結構ガラガラ。
車内で仮眠し5時頃起床(の予定が、ぜんぜん眠れんかったorz)。
駐車場から北沢峠方面を見ると、雲はあるものの青空さえ見える。
いい兆しやん♥















第一駐車場で登山者用の無料休憩所を発見
こんなのがあるなんて、ぜんぜん知らんかった。
なかは6〜8帖程度の広さがあり、仮眠できるみたい。
この日はおっちゃんとおばちゃんチーム(?)が利用していた。
こんど使ってみよう。














準備を済ませ始発のバス待ちの行列に加わる。
ボクらの前には30mほどの行列ができていた。
とはいえ、焦る必要はちぇんちぇんありまちぇん。
乗客の人数に応じて臨時バスが出るし、
バス1台に定員しか乗車させないようなので基本的に座れるからだ。
(そうでない場合もあるかも知れないので要確認です)















1台出発するとすぐに次のバスが来る。
ボクらは5:40頃に4台目?のバスに乗り込んだ。
北沢峠まで片道1100円+荷物代200円。
1時間弱で北沢峠に着く。














6:30頃に北沢峠に到着。
ここで広河原行きの南アルプス市営バスに乗り換える。
広河原行きの始発は7:25。
1時間ほどボケ〜ッと過ごす。














北沢峠から広川らまで約25分。運賃は片道750円。
広河原から北沢峠まで約10kmの距離。
広河原発最終バス(14:25発)を逃すとこの距離を歩くことになるよ!
想像するだに恐ろしすぎるね☆















広河原行きのバスがようやく到着。
広河原からの客を乗せ、数台のバスがやって来た。
北沢峠から広河原へ向かう客は少なく、バス1台でも座席にまだ余裕があった。















バスの最後部座席から振り返ると、真っ青な空!
テンションあがってまうやろ〜!!













オオッ、北岳もよく見えるではにゃーか!
やっぱりボクのピーカン力はスゴいね〜。















バスは定刻通り7:50頃に広河原に到着。
準備を整え、せば、北岳へ出発! 8:05















広河原から吊り橋を渡って登山道へ。
北岳登山ではお約束のシーン。














出発して20分くらいで、白根御池との分岐へ。
ボクらは大樺沢方面(左)へススム。














二股まで約3時間とあるが、そこまでかからないと思う。
ちなみにボクらは広河原から二股まで2時間弱だった。















ヤマレコでも言及されていたけど、
白根御池の分岐を過ぎて少し歩くと、
ケムシの群生地が現れる。
コエ〜。















二股まで雪解け水が流れる沢沿いの道が続く。
そんなに急ではないので、比較的ラクに登れる。



































雪渓のはじまり。
二股の少し手前から雪渓がはじまる。
オヨヨ!? ガスってきた?
ピーカン力がこの頃から衰えはじめてきたようだ。
フォースを弱める結界か!?















ガスった雪渓を前にガックシのkkの絵。
9:50到着。広河原からここまで2時間弱の行程。
30分ばかり休憩して、10:20頃出発。
ここからアイゼンをつけてレッツ雪渓!
この日は雪が腐っていて6本爪だとチト厳しかった。
マイコー・ジャクソンゆずりの
華麗なムーンウォーク
雪上で何度も繰り返したよ!
体力を消耗しまくりッスorz。















雪渓上部はすでにガスのなか…。














二股。バイオトイレがあるらしい。














荒天も予想されるため耐風姿勢の練習をするkk。
相変わらずなっとりません。
sawaはまだまだ余裕。
















真っ白けっけ!でな〜んにも見えまちぇん。
目印となるポールがあるはずなんだけど、それも見つかりません。
この先、大丈夫か〜?
















ガスのなかから人が現れ、ガスのなかに消えていく…。













雪渓上部でトラバースするところがあるが、
濃いガスで視界が遮られ、どこを通ればいいのか分からなくなる。
所々にクラックもあり、踏み抜きも怖いので、なかなか前へ進めなかった。
そんな状況下で、先行する方(姿は見えない)が笛を鳴らしてくれて、
向かうべき方向を教えてくれた。
どなたかは存じませんが、すごく助かりました。感謝です。ありがとうございました!















12:30頃、ようやく八本歯のコルへ続く夏道の取り付きに到着。ここでアイゼンを外す。
雪渓歩きは約2時間、ホント疲れた〜。
当分の間、ムーンウォークはごめんだ。
ペースが遅すぎるね。もっと体力&筋力アップしなければ…orz。
で、ここでレンズ(AF-S VR Zoom-Nikkor 24-120mm f/3.5-5.6G IF-ED)が壊れた。
ニコンへ持っていくとズームリングのところのネジ山がバカになっているそう。
いつもカメラ剥き出しだからなー、酷使しすぎかも。
修理するのに2万5000円ほどかかるという。ウーム、どうしよう?
新しい24-120mm f4が欲しいな〜。













夏道の取り付きから八本歯のコルまではズーッと登り。それも結構な急登だ。
今回の山行でこの区間が一番しんどかった。
ここからすべて20mm単焦点レンズとなるorz。













ここから先はハシゴが連続。
急登なので脚へ重力がモロに襲いかかってくる。
いや、登山道を整備していただいて、ありがたいんだけどね…。

ハシゴ!

ハシゴ!

ハシゴ!
もう、どんだけ〜!















八本歯ノ頭。いつか行ってみたい。



13:20頃、kkとsawaに遅れること数分で、ようやく八本歯のコルに到着。
夏道の取り付きから約50分かかった。めっちゃしんどい。
ボクはここで10分ほど休憩。ふたりには先に行ってもらった。

















本日の目的地、北岳山荘まで1時間20分とのこと。
まだまだでんな〜。















先行するふたりはもうあんな所まで。
オーイ、待っちくり〜!















ハゥ、ようやくトラバース道の分岐に着いた。
時間は14:00頃、八本歯のコルからおよそ30分。














山行前に北岳山荘に電話して確認したところ、
「トラバース道はまだ通行できない」とのことだった。
当初は吊尾根経由で北岳山荘へ向かうつもりが、
疲れていたせいもあり、何も考えずに(というかトラバース道と認識せずに)
トラバース道の方へ進んでしまった。いかんね。
ただ、ここ何日間で状況が変わったのだろう、
幸いにしてトラバース道は通行できる状態になっていた。ラッキー♥
途中で会った4人組のみなさん、「トラバース道は行けない」なんて
ウソ言ってスミマセンでした〜。ごめんなさい。
※山荘でお会いしたら「トラバース道通れましたよー」とのことでした。ホッ。















トラバース道はよく整備されている。感謝です。
















柄にもなくお花を撮ってみた。
というか、「花撮っときや」というkkの指令にブルったわけで…。
しばし、お花カタログをお楽しみください。
これがキタダケソウ(らしい)。

知らんorz

こいつも知らんorz

こっちも知らんorz

健気ですな。



























…お花カタログ終わり。
















山荘まであと25分!



あと10分!














雪が残っているところも2ヵ所ありました。














ということで、15時頃にようやく山荘へ到着したゴルゴ三兄弟
広河原からここまで約7時間。
※ドアップゆえ自粛させていただきます。














富士山はまったく見えず。
こうなると、あとはメシ喰って、酒吞んで寝るだけです。
サイコーのひとときですな!(眺望はザンネンだけど…)
まずはセブンイレブンで買ったおでんを食べる。
いつも忘れてくる練りからしも持ってきたよ!(って、おでんを忘れたんだけどね♥)
今回、先日買ったsotoのマイクロレギュレタストーブをはじめて使用。
以前に使ってたプリムスの172ハイパワーバーナーと比べ
かなり小型でありながら(重量差約100g)、燃焼性能の違いをほとんど感じなかった。
※カタログスペックは以下の通り
プリムス172◎出力:4.9kW/4,200kcal/h soto◎発熱量:3.3kW/2,800kcal/h
出力と発熱量って同じことなんだよね?
ウーム、スペックを見ると明らかにプリムスの方が上なんだけど…。
細かいことは、ま、いっか!













自炊室へ移動して、山梨の大学生3人組みと。
またどこかの山でお会いしましょう!
自炊室は幕営者も無料で利用できるのがありがたい。















お隣さんは鹿児島産ビーフのステーキ!
オオ、スゲー肉肉しいぜ!
一切れお裾分けをいただきました。ウマー♥でした。















大学生たちは山盛りのハラシライス。
よく食べるねー!スゲーぜ!!















こっちはおでんのあと、豚汁ラーメンに突入。
この食いもんが後に悲劇を生むことになるとは(トホホ)。
※翌日へ続く













雪上ムーンウォーカーの方はぜひ↓
人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿