8.23.2011

剱岳
1泊2日◎富山県
2011年8月13日〜14日


お盆の最中、僕らに許された時間は2日間のみ。
当初は不帰ノ劍3泊4日を予定するも、仕事優先でドボン。
ワーカホリックの悲しいサガばい…。
すると相方kk曰く「1泊2日で剱っちゅーのはどや?」

昨年、映画「劔岳 点の記」を見た。香川さんのドヤ顔が、いつにも増してよろしいな。
新田次郎の原作も読み返してみた。エンタテインメントとしては神々の獏の方がオモロイな。
で、感想はというと「剱岳ってめちゃオトロシーところやん」
いつかは行ってみたいと思いつつ、イメージを膨らませていたあの頃。
「カニのよこばい、たてばいは怖いんやろな〜」なんて思ってたけど、
そんなとこ、ぜんぜん通らんかったばい!

ということで、行くぜ、 剱岳!












さて、1泊2日の早月尾根〜剱岳ピストンです。
ヤマレコなどで調べてみると、1泊2日は当たり前。
なかには日帰りっちゅー猛者もおりました。
標高差は2200〜2300m。これは今まで登った山のなかでもっとも標高差がある。
だだし距離は往復で14〜15km。以前に行った空木岳とそう変わらん。
新穂高〜槍の往復26km超に比べると余裕のよっちゃん。
1泊2日だったら、まあ楽勝やろ〜。…と、思ってた。
スンマセン、なめまくってましたorz。













剱岳の登山口。
車の影に石碑が隠れていると真っ直ぐ行っちゃいそうになるので注意。










登山口からいきなり急登。暑い、めちゃ暑い〜!
こんなことならもっと早く出発しておけばよかった。
と思ったがとき既に遅し。大量の汗と大量の虫攻撃にテンションダウンorz。











巨木が迎えてくれる。










標高200mごとに標高を示す看板が設置されている。
ありがたいが、「まだこんだけ〜?」という厳しい現実に
たびたび向き合わされることになる。










いつもより水分、エネルギーともに補給は多めだった。










この池まで来るともう一踏ん張り。










このロープのかかった個所を越えると…










やっと小屋が見えます。










約5時間で早月小屋に到着。










さっそくカンパイ!
kkちゃん、ビールとちゃうやん?










テントをおっ立て、昼寝してから夕食の準備。
小屋の前には木のテーブルがふたつあるので使わせてもらった。
テン泊はふたりで1泊1000円(テント1張)。











剱がちょこんと顔を出してる。










小屋のうしろには前剱。









剱をバックに記念撮影。










この日はブロッケンが出まくりだった。









落日とkk。










満月ちょい前の月。
20時過ぎには誰もいなくなった。









富山の街灯りがよく見える。
この日は花火も。









翌朝。
4:20頃に小屋を出発して山頂を目指す。
西の空へ沈みゆく月が照らす照らす。









剱岳までの道にも標高板がある。













もうすぐ!










お約束1

お約束2。
埼玉から見えたおにいさんと一緒に。
またお会いしましょー!












で、小屋へ到着。
小屋から山頂まで約3時間、山頂から小屋まで約2時間半。




ということで、今回はここまで。
小屋に着いてからテントを撤収し、メシを喰って11時40分頃に下山を開始。
この下りが今回の山行で一番しんどかった。
もしよろしければ、ヤマレコをご参照ください。










one mountain,one contribution
剱岳2,999m














6 件のコメント:

  1. こんにちは~♪

    早川尾根から劔とは~脱帽です(*^_^*)
    でも 憧れの山ですよね…劔って♪
    もちろん登る勇気はまだないです

    ヤマレコも拝見
    やっぱり下りがきついんですよね
    私も下りが苦手です 北岳でも泣きました(T_T)

    それにしても素晴らしい青空~お二人とも楽しそう♪
    いつの日か劔行けたらいいなと夢を見させていただきました

    遅ればせながらリンクさせていただきました(^-^)

    返信削除
  2. 矢車草さん、こんにちは。
    リンクありがとうございます!

    仰るとおり、剱は憧れでしたので、
    山頂へ着いたときはホント感無量でした(笑)。
    ただ、「あそこは怖いところだべ」と
    ずーっと思い込んでいましたので、
    実際に行ってみると「アレ、こんなものなの?」って感が
    なきにしもあらずでした。

    そうなんですよ、問題は下りなんですよね〜。
    最近は歳のせいか左膝が痛くなりがちで…。
    サポートタイツの導入が、山行後いつも頭によぎりますが、
    もう少し裸脚で頑張ってみようと思っています(笑)

    返信削除
  3. はじめまして。
    剱岳のワードでこちらのブログを見つけてから、写真の綺麗さに
    目を奪われて、実は何度かおじゃまして過去の山記事も(ラーメン記事も!)
    拝見させていただいていました。

    二人でとっても楽しく山登りされていて、しかも剱岳、北岳、常念岳、
    赤岳、、、と、私の憧れの山ばかりで、羨ましい限りです^^

    この記事で、カニのタテバイヨコバイを通らずに行けることを知って、
    少しだけ希望を持ちまして、いつ行けるかわかりませんがとりあえず
    地図だけは買ってしまいました^^;
    また見に来まーす。

    返信削除
  4. きょこさん、はじめまして。
    コメントいただきありがとうございます!
    過分にお褒めいただき恐縮です。
    写真は多分にカメラのお陰です(笑)。

    きょこさんのブログも先ほど拝見させていただきました。
    初テン泊、おめでとうございます!
    唐松岳頂上山荘って正面に剱がドーンと見えて、
    サイコーのロケーションですよね。
    瑞牆山や金峰山は行ったことありませんが、
    かなりソソられます〜(笑)。

    早月尾根はかなりキツかったですが、人が少ないので
    のんびり剱へ向かうにはいいルートだと思います。
    おふたりがいつか剱へ行けることを願っております。

    またいつでも見に来てください。
    ありがとうございました!!

    返信削除
  5. 初めまして、放浪太郎と申します。
    写真日記のところから飛んで来ました。

    中身も写真も素晴らしいですね。
    また時々遊びに来ますので、よろしくお願いします。
    9/5~中旬までは国内を放浪。
    9月後半はタイ・バンコク・ベトナムを旅して来ます。
    いい写真、いい出逢いがあるといいなぁ。

    返信削除
  6. 放浪太郎さん、はじめまして。
    コメントを頂戴してありがとうございます!
    放浪さんのブログも拝見しました。
    写真がめちゃかっこええですね!!
    とくにライブシーンの写真などは
    ザラリとした皮膚感覚のようなものが伝わってきます。
    いつでも遊びに来てください。
    僕もときどきお邪魔させていただきますね。

    旅ではいい写真、いい出会いがあることを願っております。

    ではでは!

    ※ちなみに、
     写真日記というもの(サイト?)を知らないのですが、
     どういうものなのでしょうか?
     またお手隙の時にでも教えてください。

    返信削除