9.02.2011

メンに貴賤なし☆その6 ラーメン850円(穂高岳山荘)





山メンの第6弾である。
今回紹介するのは穂高岳山荘の「ラーメン850円」。
いやー、これはウマかった!
麺がね、とくに秀逸なんですな。

ということで、喰うぜ、ラーメン!



























穂高岳山荘のメニューはこんな感じ。
麺類はすべて850円。ごはんもある。
ビールは500mlが800円、350mlが600円。







で、肝心のラーメンである。
何度も恐縮だが、めちゃウマい。
といっても、スープはまあ、ぼちぼち。
普通の醤油味で、ワカメの風味が利いている。
具は白ネギに海苔、コーン、わかめ、チャーシュー。
チャーシューは薄味だったように思う。
はっきり言って、スープも具も不味くは決してないが、
決して特筆すべきものには感じなかった。
が、麺がすこぶるハラショー♥











いわゆる中太のストレート麺。
一見、なんの変哲もないフツーの麺に見えるが、さにあらず。
ひと口すすってみると、なんともモチモチとした食感。
コシが強いわけではないのだが、独特の歯応えだ。
嚼めば小麦っぽい香り(?)が鼻腔に抜ける。
以前、どこかで食べた麺に似ている。
そう、JR姫路駅構内の「駅そば」の麺に似ているように思う。
とはいえ、駅そばはかん水系の黄色い麺なのだが、
穂高岳山荘の麺はそれよりもだいぶ白っぽい。
でも、食感がよく似てるように思った(駅そばの方がややコシがある)。
ただ、最後に姫路駅の駅そばを食べたのは10年以上前のことなので
今食べると全然違った印象かも知れないので、その辺りはご勘弁を。









で、いつもどおり、アッちゅーまに完食です。
ごちそうさまでした♥








朴葉寿司も買ってみた。
大きな朴葉で酢飯と具(錦糸玉子・鮭・人参・シイタケ・紅ショウガなど)
を包んだお寿司がふたつと
鮎の甘露煮(真空パック)がついて、締めて1000円。
チト高いが、酢飯の酸味が食欲を大いに刺激し、
なんだかカラダが求めてるって感じでウマかった。
ひとつをすぐ食べて、翌日もうひとつを食べたんだけど、
ぜんぜん傷んでなかった(と思う)。
こちらもオススメです!






<山メン☆check/5点満点>
コ ス パ ★★★★☆
完 成 度 ★★★★☆
イケメン度 ★★★★★




人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿