12.07.2011

富士山 〜余裕で敗退〜
2011年12月4日



ず~っと、思ってた、富士山は登る山ではなく眺める山だと。
でも、もし登ることがあるとしたら、
登山者でごった返す7月8月はナントしても避けたい。
できれば雪がある時期がエエな〜。
ということで、先週行ってみた。けど…。









今回の参加は、最近とみに仲良しなcut-changと、
今年の正月以来となるchin-toyちゃん(以下、ちんちゃん)。
そして僕とkkの4人。

年末の八ヶ岳へ向け、雪上訓練でもしよかということで
「ほな、富士山がエエんちゃう?」
という軽〜い動機から今回の富士山行きを決定。
登頂は最初から眼中になかったわけだが、
「まあ、7合目くらいまでは行けるやろ〜」
「調子がよかったら8合目まで行けるんちゃう?」
「いやいや、ひょっとすると登頂できちゃうかもね♥」なんて。

…ハイ、完全にナメとりました、富士さま。
8合目はおろか7合目もはるかはるか頭上。
あえなく5合目でキャインいわされましたとさ。






前日に前乗りしてプチ(?)宴会。
4時に起床するつもりが、5時半頃にちんちゃんに起こされる泥酔BROS(僕含む)。
出発するときには、空がすでに明るくなりはじめていた。ナメとりますな〜。









駐車場を出発してしばらく樹林帯を歩く。
樹林帯を抜けると富士山が目の前にドーン!
いや、スゲー風景ですな。圧倒されます。









もうすぐ陽の光が富士山に当たるはず。







キターッ!
条件ゆえかそれほど朱くは染まらなかった。
けど、やっぱりカンドーします。さすが、ニッポンいちの山ですな。









朝陽に背中を押されながら登るのって、キモチイイ〜♥
あ、ここまでね、キモチイイのは。こっから先はシンドイばっか。









けども、ご覧の通りザレザレでムーチョ歩きにくい。
学生時代の部活でやらされた砂走(さそう)を思い出した。
雪以外の登山道でもムーンウォークってできるんだね!









で、2時間ほどで中継小屋に到着。
この時点で息も絶え絶え、脚もかなりヤラれてます。








歩けども歩けども富士さまはチェンチェン近付いてこない。
道もJOJOに斜度を増していく。もう飽きたよ〜。
そうそう、トレッキングポールはあった方が絶対いいです。
脚にかかる力を少しでも逃してやった方が歩きやすい(個人的には)。









この日は空気が澄んでいて、伊豆や房総半島の先まで見えた。
写っているのは伊豆大島(たぶん)。










4合目付近。道が二股に分かれる。
ブル道(というらしい)を直登するか、夏道(右)を行くかしばし相談。
夏道はジグザクになっているので、直登するよりラクだと思われ…









「ほな、夏道やろ〜」ということで、いつもラクな方を選ぶ僕らであった。
ただし、積雪時にはブル道を使うのがセオリーらしい(たぶん)。











で、駐車場から約4時間で5合目付近に到着。小屋はあるが入口は施錠されている。
この時点で10時30分頃。13時をリミットに設定し、行けるところまで行くというのが当初の予定。
しかし、kkの貧弱な脚がムーチョ悲鳴を上げているそうな。
さて、突っ込むか? 退くか?









下界を眺めていると、ときおり強風にあおられて砂が舞う。
アレが顔に当たると痛そうですな〜。








てなことで、15分ばか休憩しながら進退を話し合った結果、
やはりムリは禁物、今回はここで勇気ある撤退!(ってことで、ひとつ4649)

最近宴会登山ばっかで、まともな登山をしとらんですな〜。でも、ヤマボンだから仕方ないか♥
cut-changとちんちゃんの名誉のために申し上げますが、
おふたりはまだまだぜんぜん余裕でしたよ☆
スンマセンでしたorz。この埋め合わせはいつか☆









そうと決まれば、さっさと降りて、
富士宮焼きそばor富士吉田うどんを喰いに行こまい♥











登るときにキツかったザレザレの道も、
下るときにはいい感じのクッションになって、
膝への負担が軽減される。
赤いのはピッケル? いや、ただの飾りです。
ザックのなかにはアイゼン型の重いお守りも入ってますorz











舞った砂が目に入るのを防ぐため、ゴーグルを装着するコンタクトkk。
こんなところでゴーグルが役に立つとはね。








富士山の斜面に、突如にして雲が湧く。
湧いては消え、消えては湧くを繰り返す。
フシギだね〜。でも、見ていて飽きない。









左の建物が中継小屋で、写真中央になんとなく見えるのが5合目の小屋。
僕らのペースで駐車場から2時間&4時間かかった(休憩含む)。
ということは、単純計算すると駐車場から山頂までこの倍、約8時間はかかると考えよう。
4時に出れば12時には登頂できる計算だ(あくまでも机上)。
今度は早起きしよう(笑)。









さらば富士さま。また来るね〜











ということで、今回はこのあたりで。
ヘタレ過ぎて、まったく参考にならないと思います。
すごい方のブログがあちこちにありますので、
そちらを参考にしてくださいませませ。

でも、眺める山だとばっかり思っていた富士山だったけど、
いざ登ってみると(5合目までorz)、思っていたほど悪くない。
というか、力をつけていつかは登頂してみたいと思ってる自分がいるわけで。
で、月曜日からヒンズースクワットはじめました。
スクワットのテーマ曲をボンバエかスカイハイか迷っている自分がいるわけで。
次回、富士山にトライした際に頭の中で曲がリフレインすることが確実だから、
セレクトは慎重に慎重に…。







撤退の一番の鯨飲かも…














one mountain,one contribution
110917 仙丈ヶ岳 3,033m
111029 大普賢岳 1,780m
111103 横  岳 2,829m
111204 富士五合目 2,595m












10 件のコメント:

  1. 何時にない速攻UPにバビリますたw
    最近、老犬は負犬癖がついてきたよーな(笑

    今宵もバコバコスクワットガンガリマセウ!
    寝言ギグで早くセッションできるよう精進しなはれ(爆
    「これは、あげないも〜〜〜〜ん!!!」

    返信削除
  2. みなさま、おつかれさまでした。
    テーマ曲はスカイハイですね。
    KKと2人でマスカラスとドスカラスしてください。
    しかし、あのムーンウォークはしんどい!

    返信削除
  3. かっちゃん、ちんちゃん、お疲れさまでした☆
    いや〜、富士宮焼きそばはウマかったですね〜。
    今度は富士吉田うどんを食べに行きましょう(笑)

    スクワット、しんどいッス。
    学生時代から筋トレぎらいの僕ですが、
    今のところ続いています(って、まだ3日じゃんorz)。
    ドスカラスkkも、なんとなくやってるようなやってないような…。

    ※僕にとって寝言ギグはまだまだハードル高杉だよ☆

    返信削除
  4. 富士山・・・私は未だに眺める山だと思っております(笑)
    何しろ混んでいるっていうのがネックで行く気にならなくて。

    でも、やっぱり一度は登ってみたいかも。
    撤退の富士宮やきそばは大有りです(#^.^#)

    スクワット始めたんですね。
    私、自慢じゃないけど三日坊主で、
    そのようなトレーニングが続いたためしがありませぬ。

    年末は八ヶ岳に行かれるんですかぁ。
    我が家はどこに行こうか悩み中。温泉か山か?

    返信削除
  5. 矢車草さん、こんばんは!
    頂上まで行っていないので偉そうなことはいえませんが、
    なんか、独立峰だけに存在感が違いますね。
    ただ、景色がズーッと一緒なので、
    歩いてる途中は正直飽きました(笑)
    でも、また行きたいと思っている自分がいるんですよね。
    たぶん頂上に行けてないからだとは思うのですが…。
    8月が終わって、雪が降るまでのシーズンはそんなに混んでないみたいですよ。
    でも、やっぱり雪があった方がテンションもあがるわけで。
    もっと力をつけて、来年再トライしようと思ってます。
    それまでスクワットが続いていたら(脚力的には)余裕でしょう。
    続いていたら、ですけどね(笑)

    年末は八に決定しました。
    今回は8名(以上?)の大所帯です。
    さて、どんな宴会が待っていることやら。
    考えるだに、恐ろしすぎます(笑)

    ※燕、サイコーの天気でなによりでしたね!

    返信削除
  6. hansusyaさん、こんばんは!
    勇気ある撤退の判断ができるって、とても大事な技術
    だと思っています!!
    私も先日撤退を決めた時、我ながらオトナになったなぁって
    自己満に浸ってしまいました(笑)

    そしてそして、富士山は見るのは大好きだけど登りたいと
    思ったことがなかったんですが、雪があってこんなに
    空いてるとすご~く魅力UPですね♪
    私の最高到達地点は北岳の3193mと思ってましたが、、、
    何だか富士山にも行けそうな気がしてきましたよ~。
    って、その前に十分は雪山訓練が必要なんですけどね。。

    返信削除
  7. きょこさん、おはようございます。

    勇気ある撤退というのはアレでして、
    ただたんにしんどかっただけです(笑)。
    僕たちはビビり(&ナメック星人)なので
    初めて&ムリめな山へ行くときには
    撤退する時間とポイント、状況などをあらかじめ設定します。
    例えば、富士山の場合は
    13時・7合目・体力&技術的に不安を感じたら、
    という具合です(ざっくりですが)。
    自分の力を自覚するのは非常に難しい(あるいは過信は容易です)ので、
    その設定自体が間違っている場合もあると思いますが…。
    なんか、エラそーにスミマセン。

    ともあれ、白く雪化粧した富士山は魅力的過ぎます。
    僕も力をつけて積雪期に登頂したいと思っていますが、
    まだまだズーッと先のことになりそうです(笑)。

    「山は逃げない」をキモに銘じて、
    お互いに「オトナな登山♥」を楽しみましょうね!
    ありがとうございました☆

    返信削除
  8. こんばんわ。
    富士山登山、前夜祭でお世話になり、おもろいお手紙までいただきました じま です。
    先ほどコメント入れたと思ったのですが、うまく入っていないようなのでもう一回いれさせてもらいます。ダブりごめんなさい。

    富士山はでかいでしょう~
    7合目で北岳越えてしまいますから、本当に雲を見下ろす感じが他と違いますね。
    体力も半端なくいりますよね。特に冬は8合目まで余裕で行かないと危険だと思います。
    でも、皆さんの山記事みせてもらいましたら、めっちゃレベル高いのでびっくりしてます。
    これなら、富士山制覇も楽勝でしょう!

    あとは登る途中でボケなどを減らして、体力を温存することですね。笑
    また、お会いできますのを楽しみにしてます。

    返信削除
  9. あっ、続きです。
    他のみなさま方も、楽しいひと時ありがとうございました。

    記事も面白かったです。

    じま

    返信削除
  10. じまちゃん、おはようございます。

    その節はいろいろタメになるお話しをうかがうことができ、
    わずかな時間でしたが楽しいひとときを過ごせました。
    こちらこそ、ありがとうございますです!
    7合目で北岳越え、どーりでシンドイわけです。
    またトライする機会があれば(あるのか?)、
    ゆっくり登るためにも、今度は早起きしようと思います(笑)
    関西人の悲しいサガで、ボケないと死んじゃいます。
    それをいかに封印するかがキモになりそうですね☆

    またどこかの山でお会いできることを楽しみにしています。
    ありがとうございました!

    返信削除