1.06.2012

年越し八ヶ岳 〜二日目 前編〜
2011年12月30日〜2012年1月1日




今回の山行のメインイベントはもちろん宴会なのだが(毎回か?)、
宴会以外のもうひとつの目的、それは赤岳〜横岳〜硫黄岳の縦走だ。
昨年はまだ不安だったので、赤岳と硫黄岳をそれぞれ単独で攻めた。
今回は多少スキルも上がった(ハズな)ので、計画通り縦走へ向け早々に準備。
幸いにして雪が少なく、気温もそれほど低くない。警戒すべきは稜線の強風だけだ。

…って、いやいや、違うでしょ。
泥酔Brosにとってもっとも警戒すべきは「酒」じゃんね♥


ここ最近の山行では宴の度が過ぎ、惰眠をむさぼり撤退を余儀なくされたこともしばしば。
今回も吞まない、いや吞まれない自信がない(キッパリ!)
初日、cut-changのお友達とジョインし、みんなで一緒にドンチャン。
昨夜、というか昨昼からの大宴会は総勢13名という、大宴会というに相応しい盛大な宴となった。
吞んで喰って喋って、喋って喰って呑んで、吞んで喋って喰って…の、楽しい楽しい無限ループ。

でも、今回の泥酔Brosとその仲間たちはひと味違うぜ。
「ほどほど」という言葉を一年の最後の最後でようやく覚えたようだ。
15時頃にスタートした宴会は、ナント!21時頃(?)にはお行儀よくお開きとなった。
“ほどほど”に呑み続けることほんの6時間、
我々は目の前に横たわってた最初にして最大の難関を無事クリアしたよ

スゲー! 自分で自分を褒めてやりたい。これで縦走は成功したも同然さ。
翌朝(12/31)は予定どおり5時起床(といっても、peeをガマンできず起きただけなんだけどね)
2012年の泥酔Brosは、ヤルときはヤルぜ!(たぶんね)


ということで、行くぜ、南八ヶ岳縦走!










ほどほどだけど、やっぱり酒は残ってるワケで。
中山乗越までの道のりが一番こたえたよ!





5時に起床し、6時前には出発するはずが、
なんやかんやしてる間に時間は過ぎ、結局6時半に赤岳鉱泉を出発。







約30分で行者小屋。アイゼンやピッケル、防寒着などのギアをここで再チェック。
約10分の休憩後、行者小屋を出発。いよいよ文ちゃんだ。しんどいやろな〜orz









頂に朝陽を受ける阿弥陀岳。いつかは積雪期に登りたいね。











文三郎尾根の階段。
ステップに雪が積もっていて、アイゼンがよく効く。
手摺りのクサリも出ているので安心できるね。
ただ、所どころでアミが剥き出しになっているところもあったので、
アイゼンを引っかけないよう注意しようね。










右手にはずっと阿弥陀岳と中岳。
雪が少なく雪崩の心配もなさそうなので登りたかったね。
ま、ここはまたいつかトライしよう。









階段が終わると雪の斜面。
雪が少ないとはいえ、コケれば滑落のキケンがつきまとう。
慎重に一歩一歩登っていこう。
アンザイレンはコワくてできません〜(必要もなかったけど)。










文三郎尾根を登り切った中岳・阿弥陀岳との分岐。
従来であればここで強風の洗礼を受けるらしいが、この日はほぼ無風状態。
それはそれは穏やかな、穏やかな冬の八ヶ岳です。










キレット、権現岳への分岐。
この先岩場&クサリ場となる。









ご覧のとおりクサリもばっちり出てます。
雪も程よく締まり、アイゼンが効くので歩きやすい。
とはいえ、ここも滑落のキケンがつきまとうので、三点確保でゆっくり登ろう。










赤岳まであと少しのところで、富士山の勇姿を捉えた。
白い海の上に浮かぶ島みたい。かっちょエエ〜!










赤岳山頂までラストスパート。

それにしても空のなんと蒼いことか。
「悲しいくらいの蒼やな〜」とつぶやいたcut-chang。
ウン、そんな表現がぴったりですな☆










9時、全員で赤岳山頂、獲ったど〜! 
赤岳鉱泉からここまで約2時間30分。
左からcut-chang、chinちゃん、イケボーン、KuMini料理長、ケンケン、kk、wackちゃん。
みんな、やったね☆









南アルプスも

中央アルプスも

北アルプスも、ぜ〜んぶ見える。

これからゆく縦走ルート。雪少ないね〜。







山頂に15分くらい滞在したあと、展望荘赤岳天望荘へGO。












赤岳の北斜面には凍結している個所も少々。
アイゼンを効かせ、クサリを補助に利用すればそれほどキケンではない。











天望荘へ向かう最中に、hookey&yoseeとばったり。
ふたりは行者小屋泊だったので、今日会えるか分かんなかったけど、会えてよかった。
今度の年越しも、また八ヶ岳で会おうね☆












天望荘でひと息。
カレー、ムーチョうまいっす☆




てなわけで、続きはまた。






7 件のコメント:

  1. こんばんは~♪

    レポ楽しみに待ってました!
    いいなぁ、ヤツで年越しなんて・・・(ちょっとふて腐れてちゃうよ~)
    そして 素晴らしいあおいお空までゲットして羨ましいこと!
    文三郎から登ったんですね。
    そりゃあそうですよね、縦走するんですもんね。

    赤岳から眺める権現&ギボシってホントかっこよくて大好きです。

    それにしても よくあれだけのビールを担ぎ上げましたねェ。
    それが一番すごいなって思ったりして(笑)

    新年早々矛先いいですね。
    我が家は私の東京マラソンが終わるまではのんびりハイクになりそうです。
    だって、筋肉痛になるとジョグできないんですもん。
    さすがに焦ってきた私です。

    続きも待ってま~す(^^♪

    返信削除
  2. 矢車草さん、おはようございます。
    前回はテン泊でしたが、今回は小屋泊(しかも個室)。
    それはそれは快適で、皆で「テン泊には戻れんな〜」なんて言ってます(笑)
    赤岳鉱泉では大晦日にビンゴ大会があり、
    それを目当てに登山者が来るほど商品のラインナップは豪華で、
    ボクはモンチュラのソフトシェルをゲット!
    宿泊代の元は十二分に取れました(笑)

    ビールと自炊の食材(牛すじ大根・雑煮・チキンのチリマリネ、数の子、からすみ、マルタイラーメン、その他諸々)だけで、たぶん荷物の半分は占めていたはず。
    テン泊のときよりザックが重かったです…。
    担ぐといっても鉱泉までなので、最悪途中で吞めばいっか!みたいなノリでした。

    2月26日まで2ヵ月以上ありますが、
    故障に気を付けつつトレーニングガンバってくださいね。
    旦那さんにもよろしくお伝えください。

    今年はどこかで会えるといいですね☆

    返信削除
  3. てか、2ヵ月もなかったですね。
    そりゃ、さすがに焦らねば(笑)

    返信削除
  4. 遅ればせながらあけましておめでとうございます!

    いやー、、、八ツ、雪少なっ!
    わたしはそんな八ヶ岳を、東京に向かう中央高速から眺めておりました。
    岩雪ミックスな感じが怖く感じるんですけどー・・・
    わたしがアタックしたのは4月でしたけど、もう少し雪付いてましたから。

    hansusyaさん、スキー再開されたとか。
    いつかゲレンデでもお会い出来るのかしら♥

    返信削除
  5. mieさん、こんばんは。
    こちらこそ、あけましておめでとうございますです!
    ほんと、今回のヤツは不甲斐ないですね〜。
    でも、そんなヤツがボクらには丁度よかったりして(笑)

    スキー、楽しいです♥
    これまでほとんど経験がなかった相方のよめボンも
    なぜかハマってるみたいです(明日、ゲレンデ<高鷲>に行きます)

    どうでもいいことかもしれませんが、
    うちのよめボンが「mieさんとはかなり合う気がする〜」と申しております。
    今年こそは山もしくはゲレンデでお会いできれば!
    その折りは是非ともよろしくお願いします。

    もげらさんにもよろしくお伝えくださいませ(いつもromってます)。
    本年もよろしくお願いしまッス☆

    返信削除
  6. ご無沙汰しています、Chama♪(放浪太郎)です。
    相変わらず素敵な写真の数々。
    そして素敵な山登りですね!^^
    BLOG再開しました。
    またよろしくお願いします。

    返信削除
  7. Chamaさん、おかえりなさい!
    たまにblogをROMってましたけど、
    更新されてなかったようでしたので、
    まだ放浪中かな〜、今どこにいるんだろ?って思ってました。
    とにかくご無事で何よりです。
    またお邪魔させていただきますね〜!

    返信削除