1.05.2012

年越し八ヶ岳 〜初日〜
2011年12月30日〜2012年1月1日 2泊3日





ボクらにとってはじめて小屋泊まりした山。その山を始めて約2年が経つ。
前回の年末年始に引き続き、今回の年越しも八ヶ岳と決めていた。
振り返ってみても八ヶ岳に通った回数は、ほんの数回にしか過ぎない。

厳冬期の女神は、そんなボクらにも優しく微笑んでくれた。
今回のような優しい笑顔の女神に出遇えたのはまさに奇跡。
皆を受け入れる穏やかな眼差しが山の人々全員に注がれていた。

八ヶ岳赤岳はボクにとって特別な山の一つ。
そんな特別な山で、最高の友と最高の時間を過ごせる幸せ。
とみに仲良しな友。遠くの友。異国の友。そしてこれからの友。

いま幸せに想う、多くの友と山で出遇い、笑い合えることを。
衒いなど無いぜ。山に登るから友と巡り遇うのかもしれない。
また一緒に酒を呑もう。また一緒に飯を喰おう。また一緒に敗退しようorz。

だから・・・だから・・・友へ伝えたい、ありがとう。












勝手にブログセッションはこのあたりにして(Thanks cut-chang!)、
ということで、かねてからの予定通り、行ってきました八ヶ岳。
年末年始の3日間、サイコーの天気のなか、サイコーの仲間とともに。
今回は8名という大所帯。さて、どーなることやら。
初日はさっくりと。







美濃戸のやまのこ村を12時頃に出発。
昨年八ヶ岳でお会いしたhookey&yoseeとも偶然に再会。
こういうのって嬉しいね!









今回は赤岳鉱泉で小屋泊。
その割にはみんなのザックがデカい。
ザックの中身は主にメシ類と酒類だぜ。
そう、山登りは二の次で、あくまでも宴会が目的なのだ。
ちなみにcut-changは27kg(そのうち酒類11kg)
ボクは25kgぐらい(そのうち酒類6kgぐらい)
スゲーぜ、ドランク老犬Bros!(と自画自賛してみたり)










やまのこ村から約1時間で林道の終点。
ここからようやく山道となる。
ここでしばし小休止して、鉱泉までラストスパート。










jojoにヤツが近づいてくる。
真っ青な空はボクらを祝福してくれてるのか。








雪の下は所々で凍結してた。









踊るぜ!











ようやく赤岳鉱泉に到着。
美濃戸からここまで約2時間半。








キャンディはゴキゲン♥









で、酒だ。








15時ちょい前、早くも宴会がスタート!












宴会途中で赤い八を見に行く。
ちょっと時間をハズしてしまって、燃える八にはチト遅かった。








再び宴会。
cut-changの友達・河童さんチームが作ってくれた美味しい料理をつつく。
もちろん我らがKuMini料理長のジビエもウマし☆
毎度毎度、ありがとうございます、料理長!







楽しい楽しい楽しいオトナたち。









気づけばあんなにあったbeerがこれだけ。
今日はこれくらいで許しとったるわ!
明日は八縦走。起きられるか!?







4 件のコメント:

  1. ええと、なんですか? 巻頭のコピーは・・・?

    ふふっ、愛だね愛。そうだ! オマージュだろ!?
    老犬1号へのオマージュをありがとう♥

    それとラスト2枚目・・・素敵すぎる瞬間やね(笑
    これは流石に公序良俗に違反ちゃうか〜(汗
    PTAは怒るで〜♪

    あ、あかん腹・・・痛い(爆

    返信削除
  2. そう、愛でしょ愛。
    老犬1号へのオマージュ♥(人はパクリともいう(爆)
    昨日からPTAの抗議の電話が鳴りっぱなしです。
    でも、そんなオトナたちはステキだと思います。
    ボクも早く追いつけるよう精進しますので、
    ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いしまッス☆

    返信削除
  3. この正月、八ヶ岳を思い出しながらぐだぐだ過ごし、
    頭のなかを巡るものは、食べ物ばっかり。
    ホント街の食い物屋は何してんだ!

    また、会える日を楽しみにしてまつ。
    さっ、新たな恋を探しに行こ(汗)

    返信削除
  4. 禿同!
    料理長のメシはウマすぎです。
    今度はいつ食べられるかな〜。
    探しものが見つかるといいね☆

    返信削除