8.31.2012

鋸岳
2012年8月25日〜26日 1泊2日




先週、久しぶりの山行で奥穂〜西穂を縦走。
それまでなかなか山へ行けなかった欲求不満が爆発し
ややイキオイだけでGOしたキライもあるが
結果、無事にジャンダルムの頂に立つことができ非常に満足♥

でも、実はその後がタイヘンだった。
山から帰ってきて4日経っても全身筋肉痛が治まらん!kkね。ボクは復活☆
しかも憧れだったジャンをクリアしたヤツは
山へのモチベーションもややダウン。
だ、大丈夫か?でも行くよ〜



ということで、行くぜ、鋸!
甲斐駒からいよいよ鋸へ。
危険
んだって☆ガクガクブルブル







今回はヤマレコ友にしてW目俱楽部部長かつ取っ手BrosのYasupiso隊員とジョイン。
クライミングは一緒に行ったことがあるけど、山ははじめてだね〜。










北沢峠へ向かうバスから見える鋸岳全貌。










<北沢峠〜甲斐駒ヶ岳>
6時50分、北沢峠出発。
piso隊員…orz








仙水峠付近から摩利支天を見上げる。









後ろ姿がかっちょいいぜ☆piso隊員









楽勝と思われた甲斐駒の登りが、めちゃキツかったッス。
とくに仙水小屋〜駒津峰間はヘロヘロ〜。









甲斐駒ヶ岳。









六方岩辺りから巻き道と直登ルートに分かれる。
ボクらは迷わず直登ルートへ。
前回の日帰り山行では、わりとサクッとクリアした印象だったが
泊まり装備を担いで登った今回はけっこうキツかった。
やっぱり重力は偉大だ。











頂上までもうすぐだぜ☆









で、頂上。ここまで約4時間10分。
piso隊員は自主規制(笑)









「ヤマボンさん?」と甲斐駒でお声がけいただいたのは
なんと、ブロ友のs-sof夫妻!
いやー、やっとお会いできましたね〜☆
こういう偶然はほんとうれしいです。アザーッス☆
YTB108の会員NO.2とNO.3を捧げます(って、いらんか?)
またお会いしましょうね〜!










<甲斐駒ヶ岳〜六合石室>
11:22頂上でしばし休憩したあと、いよいよ鋸方面へ。

黒戸尾根方面。たぶん。
いつかトライしてみたい
(kkは「ワタシは行かない」とのこと。そーっすよね〜)


キモチのいい稜線歩きがしばらく続く。

そのあとはやや長いクサリ。
傾斜がそれほどきつくないので無問題。

で、六合石室。甲斐駒から約1時間10分、クサリ場から約30分の距離。

小屋の中。手前に土間があり、その奧が小上がりになっている。

六合石室からおよそ5分ほど先のザレ場が水場への目印。
ザレ場から6〜7分ほど南側(戸台川側)へ降りると…



緑のホースからちょろちょろ水が!
晴天続きゆえ、水量はご覧のとおり。
1Lためるのに11分30秒かかった。
この水場のさらに10mほど下に、
もう少し水量が豊富な場所があったらしい。
水場からの登り返しはむーちょキツいよ☆
あとはダラダラ…



初日が終わる…











<六合石室〜中ノ川乗越>
担ぎ上げたビールは3人で8本。
やっぱり少なかった…orz
今度はハードリカーを担ぎ上げよう(笑)
ほぼシラフのまま、やることもないので19時に就寝。
でもって翌3時30分、予定通りバッキンバッキンに目が覚める。てか、寝過ぎ(^_^;)










メシ喰って、テントを撤収して、予定通り5時過ぎに出発。
右端はこの日一緒に行動したSさん。
黒いJCTの方は神奈川から来ていたソロの方。
戸台川側から登って来られていたので、いろいろ情報をいただいた。
助かりました、ありがとうございました☆



所々でブッシュ漕ぎがあるので、
早朝は夜露で濡れないようカッパを着てた方がよいぞ。









中央アルプス。









木立に陽が射し込んできた。ムーチョきれい☆









八ヶ岳もゴキゲンだぜ!









で、ルートをロストorz。
テープがあったんだけど、写真撮ったりしてる間に見失う。
4人もいたのに、イカンね〜。
踏み跡が至るところにあってどれが正解か分からん。
しばらく右往左往して、とりあえず稜線へ登ることにした。



稜線に出るとしっかりした踏み跡があった。
まあ、間違いないやろ〜ということで、感覚的に踏み跡を右方面へ進む。
が、これも間違いだった。
谷の向こう側見えてるのが第二高点と第一高点(写真)。
尾根のライン上の先には八ヶ岳。
piso隊員が「こりゃおかしい」ということに気付き、尾根道をユーターン。


三ツ頭に戻って来た。
ここから先はテープいっぱいなので、
まずルートをロストする心配もないと思われ。

中ノ川乗越まで下ると、いよいよ第二高点への登り返しだ。











<中ノ川乗越〜第二高点>

中ノ川乗越から長ーいガレ場を登る。
これがムーチョキツいよ☆
しかもラクの心配ありありですな〜。


草付きの上部までは右端の踏み跡をトレースすると登りやすい。
ただ、右手が岩場になっているので、そちらからの落石にも注意する必要がある。



草付きを登り切ると、第二高点まであと少し!


で、第二高点。piso隊員のケツに剱がささるorz
六合石室からここまで約2時間45分。
360度の展望。めちゃめちゃキモチがいい〜☆


次に目指すはあの頂、第一高点だ。











<第二高点〜鹿窓>
第二高点から戸台川方面へ下り、大ギャップをやり過ごす。
テープが盛大にあるので迷う心配はないよ。



大ギャップ直下のガレ場をトラバースしてから登り返す。
踏み跡しっかり。ただラクがヤヴァいぜ。


登り返してバンドを草付き方面へトラバース。

オオッ、あれが噂の鹿窓かい!
想像していたよりもでかい。
直下にはクサリがあり、傾斜がキツくないのでまあ無問題。



KKクリア☆

piso隊員もクリア☆










鹿窓を振り返って。











<鹿窓〜第一高点>
ここ、核心その1です。
鹿窓から小ギャップ下りまで、切れ落ちたルートが少し続く。
短いけど落ちれば即アウトなので慎重にね☆


切れ落ちたルートをクリアして、岩をドッコイショと乗り越えると(←なにげにヤラシイ)
小ギャップの下りのクサリ場だ。高度感ややあり。


クサリは最上部からついてるけど、
やや下ったところに平らな部分があるので、
そこからクサリに取り付いた方が安全だと思われます。

kkは一応ロープ&下降器&クレムハイストノットでバックアップ。
↑(追記)下降器は不要だね


こんどは小ギャップの登り。
足場とホールドはしっかり&クサリあり。まあ、余裕。


小ギャップ下りのクサリ場を振り返って。
ボクらはだいたい赤線のルートを通った。
丸印の所にピンクテープがあるけど(
クサリを使わないルート)
素直にクサリを使った方がラク&安全だと思われ。

ハイ、第一高点に到着☆
六合石室からここまで、約4時間35分。
あとは下るだけだぜ〜。

せば、サラバ☆











<第一高点〜角兵衛沢出合>
第一高点から角兵衛沢の頭までが、個人的には一番の核心部だと思う。
ルートの左側は常に切れ落ちていて、転ければアララ〜間違いなし☆

疲れ&ピーク後の気の緩みがヤヴァい。
「絶対転ばない」をキモに銘じるべし☆


角兵衛沢はガーレガレ。
先週の白出沢で鳴り響いていた
やしき委員長の歌が頭の中に甦ってきたorz
てか、白出沢よりも絶対こっちの方がキツいっす☆


大岩の最下部付近を左に回り込むと、大岩下の水場がある(写真撮らず)。
角兵衛沢の頭から水場まで約1時間だ。
水場以降は樹林帯も現れ、やや歩きやすくなる。
けど、かなりアキる。




やっと戸台川。ハァ、疲れた〜orz











角兵衛沢出合〜戸台河原駐車場>

戸台川の水は冷たくて気持ちいい。
が、顔を洗っていると鼻血ブーッ!
先週のジャンダルムから帰ってきた翌日も鼻血だった。
大丈夫か、ボク?

あとは、戸台川をドナドナ2時間ちょい歩くだけ。
これがシンドイ…orz
ドナドナ

ドナドナ

ドナドナ

ドナドナ。
堰堤は全部で4つ。これが最後の堰堤だ。
でも、これを越えても駐車場は見えない…

やっと、駐車場に到着。
ハァ、疲れた〜。


仙流荘前の駐車場から鋸岳を望む。
遠い…。あんなところから歩いてきたのね。



チームNOKOGIRI、コーラで乾杯♥
楽しゅうございました。









ということで、今回はこの辺りで。
先週のジャン、今週の鋸と、ややハードな山が続いたので
次はゆる〜い山がいいな〜。

piso隊員、アザーッス☆
Sさん、お疲れっしたッ☆



あ、詳細はいつも通りヤマレコを見てちょ。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-219420.html



10 件のコメント:

  1. 鳳凰三山ドンドコチームの隊員です。
    お久しぶりです。
    ブログ毎回楽しまさせていただいてます。
    ジャンダルム・鋸と相変わらず、ハードなスリル楽しんでますね!。私も昨年甲斐駒に北沢⇒駒津峰⇒直登ルートで3時間で登りました。仙水を経由すると時間かかりますよね。鋸の3分1は富士見町なんですよ、私の家から一番近いやまですかね。私は釜無川コースで登ります。先日私は剱岳に早川尾根コースで日本で一番長い高低差2239mに挑んできました。さすがに日帰りは無理だったので帰り小屋に泊まりました。ブログ楽しみにしてますよ。またどこかの山で会いましょう。

    返信削除
  2. hansusyaさん

    こんにちは。
    この間はどーもありがとうございました。
    kkさんと共に予想通りの存在感で最高でした。

    YTB108の会員NO.2とNO.3を賜り、有り難き幸せ。
    身の引き締まる想いです。(なんのこっちゃ!?)
    また、活動詳細聞かせてくださいませ(笑)


    あのあとはやはり鋸にいったんですね。
    *そして靴を脱ぎ、山の中で完全脱力
    翌日は見るからにスリル溢れる感じなので
    わたくしたちはもう少し修練を積んで挑もうと思いました。

    ではでは、またお会いしましょー!
    今後とも宜しくお願いします。

    返信削除
  3. ジャンの次は鋸岳!?
    とっても濃い二日間を楽しまれたようでいいな~♪
    私たちも黒戸尾根から鋸岳へ行ってみたい!って思ってるんですが、
    車の回収がネックでまだ実行に移せずです^_^;
    あと、最後の林道歩き長いんですね、やっぱり・・・

    それはそうと、ご近所のs sofさんと甲斐駒でお会いするなんて驚きですね!

    返信削除
  4. hansu隊長

    鋸縦走ではお世話になり、ありがとうございましたー!
    めちゃ楽しい2日間で、天気もサイコー☆リカー不足には2人は不服そうでしたね(汗)
    谷あり、岩あり、W目ありのスリリングな山歩きでした、
    おかげでバリに目覚めそうなPisoであります。。。

    最後のお休みと言っていた先週末はどこぞへ行ったんだろ??
    おいらは下界のクーラーにやられ風邪をこじらせ、療養中ナリ。。。
    ではでは☆

    返信削除
  5. 庄助先輩、お久しぶりです。
    ジャン、鋸ともに一度は行ってみたい山でしたので、
    今季両方ともクリアすることができ大満足です。
    ただ、いずれの山もヘロヘロでした(笑)
    己の体力・筋力を含め、総合力不足を実感した次第です。

    馬場島〜剱、拝読いたしました。
    ボクらも昨年トライしましたが、あのルートはツライですよね〜(笑)
    しかも初日で剱まで行ってしまうなんてスゴイです!

    こちらこそまたどこかの山で再会できることを楽しみにしております。
    ありがとうございました☆


    返信削除
  6. s-sofさん、こんばんは☆
    先日はほんとビックリでしたね〜!
    ただ、あまりお話しできず申し訳ありませんでした。
    あの時、ブレインの容量はすでにビールのことで一杯いっぱいで
    冷静な状態ではなかったことをご理解いただけますと幸いです(笑)

    鋸、かなり良かったですよ〜。
    ご承知のとおり、甲斐駒まではややヒト大杉でしたげど
    あのあと会ったのは、わずか3人(翌日は釜無川からの方々がたくさん)。
    静かな静かな山行で、とてもとてもステキでした。
    が、第一高点を過ぎてからの行程が長すぎ、ムーチョへこたれましたorz
    2回目はないかな〜(少なくとも当分は…)

    こちらこそよろしくお願いします☆

    返信削除
  7. きょこさん、こんばんは☆
    鋸、おもろかったよ〜&しんどかったよ〜(笑)

    >私たちも黒戸尾根から鋸岳へ行ってみたい!って思ってるんですが、
    悪いことは言わない、やめときなはれ。
    たぶん、ムーチョムーチョしんどいから☆ガクガクブルブル
    まあ、UちゃんときょこさんがドMなら止めませんが(笑)
    もしGOすることがあったらボクなりのアドバイスみたいなことを
    お伝えできるのでメールまたは電話ちょ。
    ちなみに最後の林道(河原)歩き、ヤヴァいよ〜。

    そうそう、s-sofさんとお会いできてムーチョうれしかったです☆
    こういう偶然の出会いって、ステキやね〜。


    返信削除
  8. W目俱楽部piso部長、こんばんは☆
    こちらこそありがとーございました!
    kkとも言ってるんだけど、静かな山ってほんと魅力的だね。
    メジャーどころももちろんステキだけど、
    マイナールートの楽しさに開眼した山行でした。
    来季は南アに主眼を置こうかなと思っとりま。

    先ほど山から帰ってきたところです。
    また近いうちアップしますね。

    ※夏風邪はやっかいなので、
    どうぞご自愛♥ください。

    返信削除
  9. hansusyaさん、こんにちはー♪

    もうお題を見ただけで興奮しちゃいましたよー!
    鋸岳のレポって初めて見たような気が…って無理と思ってるからググったことないからか(笑)
    それにしても、壮大な山でございますねェ。怖そうだけど、楽しそう(^^♪
    この日、なんちゃってゆるゆる木曽駒にいて、朝甲斐駒に続く鋸岳ってかっこいいなって眺めていたんでした。

    ドナドナ歩き辛そうダ…
    毎回ドキドキ楽しいレポ楽しませてもたってます!

    返信削除
  10. 矢車草さん、こんばんは☆
    木曽駒での丸川鍋ジョイン、拝読しましたよ〜。
    偶然の出会い、しかもダブル丸川鍋って、スゲーっすね!

    鋸岳はけっこうスリリングで楽しめました。
    岩場をトライするのもよかったのですが、
    なんと言っても人の少なさ、静寂がサイコーでした。
    よく「大自然に抱かれたウンタラカンタラ」って言いますけど、まさにそんな感じ!
    北アルプスの雄大なパノラマ風景も非常に魅力的ですが
    今回のように、マイナーな山域もよいものだな〜とはじめて実感した次第です。
    もう少し力をつけて、マイナーな山へもっと行きたいなー
    と、相方と話してる今日この頃です☆
    ちなみにドナドナ歩きは非常にツラかったス(笑)


    返信削除