8.24.2012

I am the resurrection and I am the height !
ジャン千秋楽






初日、いつものように吞み過ぎる。
19時前にはすでに泥酔状態。
そんな姿を月はどう見ていたのだろう。
折しも繊月、その弧はギリギリまで引き絞られた弓のようだ。
機は熟した、あとは番えた矢を放てばよい。



ボクらふたりが山に登りはじめた頃から、
キミがずっと憧憬れていたあの頂へ、さあ、行こう。
その前に寝よ(笑)



ということで、行くぜ、ジャンダルム!
ウマノセの核心をクライムダウン








「ブログ、見てますよ」
そんなうれしい言葉をかけてくれたのは
同じ東海圏から来ていたtakaちゃん。
山で当ブログを見ている方と出会ったのははじめて。
takaちゃん、記念すべきYTB108(ワイティビテンエイト)の第一号です☆

そのtakaちゃんと一緒に吞み、喰い、語り、そしてゲキ沈。
ありがとう、ありがとうtakaちゃん!
近所だし、またどっかの山へ一緒に行こうね〜。
(電話番号は、20日18時半頃の着信履歴080-0000-0000でいいよね?)








19時にゲキ沈して、途中で目が覚めるとまだ21時半過ぎ。
ウコンの力を飲んで再度爆睡して、予定通り3時に起床。
7時間ほどたっぷり寝たのですこぶる調子がいい。
やればできる子なんです(笑)老犬2号返上か?









マジックアワーを迎えた東の空が、美しいシーンを見せてくれる。
常念の特徴的なシルエットがステキだ。
こんな時間に撮影したのは久しぶり(笑)







夜露で濡れたテントを撤収し、
山小屋でカップメン&おにぎりを食べてから
5時前に穂高岳山荘を出発した。
いよいよ、ジャンダルムだ。テンションあがるぜ☆

奧穂手前から見たジャンダルム。








振り返れば朝陽が昇っていた。








少しだけ朱く染まる山々。








そして、雲海の上に顔を出す富士さま。
おお、うるわしや〜!










昨年も見た光景。今年も出会えたね。







小屋から小一時間で奧穂高岳頂に到着。
ボクは3度目、kkも2度目なので、そんなにテンションはあがらない(笑)
ここで念のためハーネスを付けて、ジャンへの第一歩を踏み出す。
ここからが本番だぜ、kk!

奧穂山頂からこれから行くルートを眺める。
案外近く見えるんだけど、ムーチョしんどいんだよね〜。








奧穂からちょっと下って、馬の背の取り付きへ向かう。
朝陽が眩しいぜ。








馬の背は取り付きから目印マークがばっちり。
ルートをロストする心配はまずない。









真剣ですな、kkちゃん!


核心部をクライムダウン。
高度感はややあるけど、
ホールド&ステップがままあるので
落ち着いて降りれば大丈夫。
高度感という点では奧穂〜西穂間でココが一番ヤヴァい。








馬の背を無事クリア。ひとまずホッとする。
が、この先もまだまだ気が抜けない場所が続くよ〜。








次はロバの耳だぜ!

ロバの耳のトラバース。先行者が小さく見える。


クサリを頼りにバンドをクリア。

トラバースだけでなく、岩場を登ったりもする。
けっこう腕が疲れる。








ロバの耳をやっつけ、クサリを頼りにクライムダウン。
ここを超えればジャンまでもうすぐだぜ☆











ジャン直下を左(信州側)に巻いて、西穂側の取り付きへ。







ここからジャンダルムの頂へ。
昨年よりもザレてる感じ。











ということで、憧憬れの頂へ。
kkちゃん、念願叶ってよかったね☆







<以下、しばしジャンダルム頂より>
天使

ジャンのブロッケン

ジャン先端と山々

前穂方面

のアップ

笠方面。お父さんとキッズふたり。
女の子は小学6年生なんだって。スゲー☆

奧穂






でもって、
I am the height !
I am the height !











さて、ジャンダルムは制覇した。
が、実はここからがムーチョしんどい。
ジャンダルムから一旦天狗のコルまでドーンと下り
天狗岳、間ノ岳、赤岩岳、P1の4つのピークを超えて
ようやく西穂高岳に着く。

昨年はジャンダルムから西穂山荘まで6時間。
ガンバロ!











振り返って、ジャンダルムと槍。
こっち(西穂側)から見るジャンっでニョキーン☆感があまりないね。








これから歩くルート。
西穂まですごく近く感じるんだけど…。









笠ヶ岳。いつか登ろう。







天狗のコルまでズーッと下り。ヒザにクルぜ〜!



ココ、ちとヤヴァい。
斜めになった岩は濡れてるとかなりやっかいそう。
この日は濡れてなかったけどね。

ジャンから約1時間15分で天狗のコル。
ここでちと休憩。








天狗岳の取り付き。
ややオーバーハング気味の岩を、
クサリを頼りにやり過ごしたあと
岩登り岩登りの連続。









で、天狗岳頂。
あとピークは3つ超えれば西穂だ。








昨年、稀代のルートロスターkenkenが活躍した場所。
この岩を左側に少し回ると目印が見つかる。
右側を降りるとザレザレでアウトです。








逆層スラブ。

逆層スラブを超えて、少し登り返し

間天のコルに到着。
間ノ岳がニョキーンとそそり立つ。
登りたくないorz













で、間ノ岳頂。
ジャンからここまで約2時間45分。









間ノ岳からまた下る。
この先は今まで以上にガレ&ザレたルートが続く。
ラクしないよう結構神経を使う。
ただ、この日は月曜日で登山者が少なったので
人為的な落石の危険もそれほど多くなかった。









赤岩岳手前のコル。赤岩岳の登りはかなりガレガレでヤヴァい。
その登りでプチルートロスト。
追いついてこられた男性2名パーティとソロの方がルートを探してくれた。
ありがとうございました☆助かりました!









赤岩岳から再び下り、こんどはP1へ。

P1への長い長いクサリ。
ここまで蓄積された腕の疲れが、ここで一気にスパーク♥

で、P1。西穂までもうすぐだ。











穂高岳山荘から歩くこと約6時間半。
とうとう、西穂高岳までやって来た。
やったね、kk!

赤岩岳手前のコルからほぼ一緒だったソロの方が
ホルンを高らかに鳴らす。感動しますな☆
ありがとうございます!!











さて、あとは山荘目指しドナドナ歩くだけ。
あと2時間ガンバロ。
ドナドナ…

ドナドナ…

ドナドナ…
































さあ、いよいよ感動のフィナーレ!
























もうすぐ西穂山荘だぜ☆









































フィナーレが台無しじゃん(爆)
西穂山荘のソフトクリーム看板orz









途中からご一緒したチームジャンダルムで乾杯☆
うまい! うますぎるッ!


















さて、今回はこのあたりで。

はじめてふたりで登った山は、六甲山の風吹岩。
もうかれこれ6年以上も前のことだ。
そのときkkはフツーのスニーカーにチノパンという格好。
ボクはソールがすり減ったダナーライトだったと思う。
今ほど山登りがブームになっておらず、
風吹岩付近には10名ほどしかいなかった記憶がある。

それからちょっとずつギアを買い揃え、
いろんな山へ向かうようになった。
御在所岳、甲斐駒ヶ岳、御嶽山、八ヶ岳、
唐松岳、白馬三山、槍ヶ岳、剱岳…。
「いつかジャンダルムへ行ってみたい」そういうkkに
「まだまだ先の話やな〜」とボク。
それでも、ジャンダルムをひとつの目標に、
自分たちなりに少しずつ、少しずつ経験を積み
一歩ずつ、一歩ずつステップアップしてきたつもりだ。
まあ、基本的にナメック星人ではあるけどね(笑)

2012年8月20日
ずっと憧憬れてた頂に
ふたりで立つことができた。
ありがとうございます。
























〆はやっぱ西穂山荘のラーメンだね☆
ムーチョうまいぜ!







コースタイムの詳細はヤマレコを見てちょ☆
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-217935.html






16 件のコメント:

  1. hansusyaさん&kkさん、お二人揃ってのジャン登頂、
    おめでとうございます!

    ごい、すごいーすごいよー
    ドキドキしながらレポ読みました。
    それにしても、怖そうなとこバッカ・・・
    神経すり減らしそうだけど、西穂の上でのホルン感激ですね。
    カッコイイ!

    我が家は冬に先に行っちゃったので、なんとか秋までに
    西穂まで行きたいなーと思っていますがどうなるやら?
    な感じです。だってー相棒が金曜だっていうのに深夜まで仕事なんですもん、いつも。
    そこをクリアーできないと行けないかな^^;

    さて、hansuya家は次はどこを目指すのでしょうかー?
    それもワクワクしちゃいますよ。
    なにはともあれ、ご無事で登頂・・・最高のお天気もGETできたこと
    本当にめでたいことですね♪

    返信削除
  2. オリンピックもジャンダルムも終わったね・・・。
    Burnout Syndromeに陥ることのないようYTBしまくってね(笑
    まあ、108個もあるから大丈夫か〜♪

    返信削除
  3. daiちゃんkkさん  こんばんわ

    ジャンダルム登頂おめでとうございます。

    無事ブログがUPされてホッとしました(笑)

    居酒屋『奥穂』では楽しい時間ありがとうございました。

    第一号ってうれしいですね(笑)

    クライミングシューズ買って連絡待ってます(笑)

    携帯番号080は山用で下界用は090-51oo-ooooです。

    返信削除
  4. 矢車草さん、おはよーございます&ありがとーございます!
    ようやく相方をジャンへ連れて行くことができました。
    昨年のジャンは男3人での山行で、比較的ラクだったのですが
    今年は昨年に比べて数倍疲れたような感じです。
    緊張していたせいもあるんでしょうが、
    やはり久しぶりの山行という点が非常に大きかったと思います。
    ともあれ、相方はバテバテになりながらも縦走でき、ホントよかったです。
    とりあえず目標をクリアしたので、次の目標をどこにしようかと思案中です。
    やっぱ、北鎌尾根かな〜(まだまだムリですが…)
    ※相棒さん、深夜までお仕事お疲れさまです☆

    返信削除
  5. >Burnout Syndrome
    カレー症候群?
    バーモント・シンドロームに見えた(笑)
    まだまだ煩悩の炎は燃え尽きないようです(爆)

    返信削除
  6. takaちゃん、まいど!
    居酒屋奧穂ではありがとうございました☆
    ムリやり付き合わせた感があり、kkに怒られました。
    でも、山で飲むビールってほんとウマいっすよね。
    またどこかの山で飲みましょう!

    とりあえず、涼しくなったらクライミング行きましょ☆

    ※携帯、山用・下界用とも了解です。
    登録しましたよん♥

    返信削除
  7. 取っ手bros弟2012/08/28 16:21

    ジャンへの執念、素晴らしい☆
    アチキも来年こそは、越えるでありんす、、、

    これからもご指導よろしくお願いいたします。

    取っ手 弟より

    返信削除
  8. hansushyaさん、kkさん

    こんにちは
    いきて、、、
    いきておられましたか〜〜。

    ていうか、先日はほんとびっくりしました。
    ありがとうございました。
    (そのことはまた後ほどとして)


    当ブログを近鉄電車の中で拝読し
    特に最後のくだりは
    なんというか、涙チョチョ切れ5秒前でした。

    写真もいつもながらすてきで
    感情移入できちゃいますね。

    これからもNext stage山行をお二人で築いていってください。




    返信削除
  9. 取っ手Brosやっちゃん、おはよー。
    来年とは言わず、この秋にもぜひ(笑)
    来年は槍の北側へ一緒に行こうよ!

    返信削除
  10. s-sofさん、おはよーございます。
    先日はほんとビックリでしたね(笑)
    ブログアップ楽しみにしております。

    Next stageというほど大したもんでもありませんが
    これからもいろんな山にチャレンジしたいと思っています。
    その第一歩で、s-sofさんたちと会えてほんと嬉しかったです。
    これからもよろしくお願いします☆

    返信削除
  11. hansusyaさんkkさん、ジャン登頂、おめでとうございます!!

    いや~すごい臨場感溢れる写真ばかりで、実際に歩いたみたいな
    気分になれました。これ撮るのも大変だったでしょう!?

    この前この尾根をお隣の尾根から眺めてましたが、すごくギザギザトゲトゲで
    あんなところを縦走されたのかと思うと驚くばかりです(@_@)
    駐車場確保といい飲んだ翌日の早起きといい、やれば出来るっぷりを
    しかとこの目で見ました!
    ほら、常念のときの印象が強かったから(笑)

    お疲れ様でした!!

    返信削除
  12. きょこさん、おはよーございま☆

    撮るのはですね、ぜんぜん大変じゃないんです。
    だって、ファインダー覗きませんから〜(爆)

    ほら、常念のときは仮の姿ですから、フフフ。
    やはり何事においても、ONとOFFの切り替えが大切なんですな〜(なんちゃって)。
    ここ数回はややハードな山行が続いたので、
    そろそろ本当の自分(つまり老犬2号)に戻ろうかな〜と思っております。
    また一緒に行こうね〜&レポアップ楽しみにしてま〜☆

    返信削除
  13. おめでとうございます。
    綺麗な写真、薄れつつある記憶が蘇ったようでございます。
    今年は行きたかったんだけど・・・ムリかなぁ


    っていうか、時折見えるナマ脚がエロいです。

    返信削除
  14. おぉ、今年も行ってたんね!
    どう?
    やっぱ夏は暑かった?

    次回は是非アタクシのバリエーションルートに進んでくださいませ

    返信削除
  15. kojiさん、ありがとうございます。
    その折りのやまもげらを、(当時)kkはかなり読み込んでいました。
    でも今聞くと「もげら、行ってたっけ?」だって(爆)
    やはり人の記憶は薄れるのが常のようです(笑)

    ナマ脚、オカズにどぞ(って、そりゃねーか!?)

    返信削除
  16. kenkenまいど!
    今年も行ったよ〜。
    昨年と約1ヶ月違いとはいえ、かなり暑かったよ。

    「kenkenのバリルートは、kenkenのもの!」とkkが言っております(笑)

    そろそろまた、一緒に山行こうよ☆

    返信削除