12.22.2014

余韻は続くよどこまでも/グラナイトギア「SIL DRYSACK」

冬山に限らず、年間を通して薄手のダウンジャケットはザックに忍ばせている。
しかし、冬山、とくにアルパイン系ともなると待ち時間が生じることもままあり
薄手のダウンジャケットではチト心許ない。

一昨年のシーズンオフ、TNFの「ビレイヤージャケット」がセールになっていたので購入。
これがもう超暖かくて、待ち時間でもヌクヌクなわけですよ。
しかしその反面、これが超かさばるんですな、当たり前だけど。
で、これを導入したってわけさ。


GRANITE GEAR「SIL DRYSACK」





上記写真/サイズは7LのXXS。
左は何も入れていない状態。
右はkkのダウンジャケットを入れた状態。 
入口をロールして締めると完全防水(たぶん)になる。






TNFのビレイヤージャケットも入れてみた(左)。
神々の山嶺(文庫)と比べて、ここまで圧縮できた。スゲー! 

「SIL DRYSACK」の本体は30DコーデュラSILナイロン。
ボトム部には透湿防水素材eVentを使用していて
圧縮したときに空気がボトムから抜けるようになっている。

とはいえ、実際に試したところ
ボトムから空気を抜くにはちょっと力がいる。
なので、まずは入口を3回ほどロールして
余分な空気を入口側から抜いてから完全に締める。
で、「もうちょっとコンパクトに」というときに
ボトム側から空気を抜くやり方がベターかな。






サックからTNFを出すと、サイズ感はこんななのね。



もっと大きなサイズのサックもあるので、
必要に応じて増やしていこまい☆




2 件のコメント:

  1. えれぇこった2号2014/12/25 13:56

    すっごい。。。防水になって、コンパクトになって最高!
    ダウンをしまっておくには良いですよね!
    なんで、1号は買ってないのかしら???

    返信削除
  2. kakaさん、まいど☆
    前々から欲しいと思ってたんだけど、
    ようやくゲットりました(笑)
    冬の装備はかさばるもんが多いので、
    圧縮すると省スペース化になって便利ですな。
    1号、似たようなもん持ってるんと違うやろか??

    足が大事に至らなくてよかったですね☆

    返信削除