1.29.2015

鸚哥、あるいは記憶の断片

彼の家には常に鸚哥がいた。
父親が飼っていたのだ。
名前はピー子という。
ただ、いつも同じ鸚哥とは限らなかった。
あるいは車にぶつかり
あるいはオカンの尻の下敷きとなり
あるいは、猫の餌食に。ああ……。
僕が彼とよく遊んでいた頃のピー子は
7代目か8代目だったように記憶している。
今は何代目のピー子なのだろうか。
父親はまだピー子を手に載せているのだろうか。
彼とはもうずいぶん会っていない。
もちろん、ピー子とも。









IMCO(爆)

2012年に製造中止となったが、
翌2013年、日本の会社がブランドを引き継ぎ復活。
僕にとって、このIMCOは3代目にあたる。
実家の引き出しの奥を探せば、
おそらく2代目くらいは見つかると思うのだが。
ワンアクションってのがいいな。






4 件のコメント:

  1. (~_~;)
    インコとイムコ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    前半は凄く意味ありげな文章で何かあるんやろうなぁ~
    って思ってしまうけど~
    後半と掛け合わせると、だいちゃんならではの表現なのかなぁ~って・・・・・・・・・・・・・・・・・(^_^)v

    返信削除
  2. 思わせぶりでスンマセン(^_^;
    深い意味はま〜ったくありません☆

    イムコのライターは、
    チープなつくりが逆に魅力的だったりしますな。
    バス釣りにハマっていたガキの頃に
    周りの兄ちゃんたちが結構使ってました。
    ちなみにタバコはラッキーストライク(笑)
    当時は数百円だったと記憶してるけど
    今は1000円を余裕で超えちゃってます。

    オイルライターならジッポでもいいんだけど、
    ジッポは基本的にツーアクションなので、
    山で使うにはチトめんどくさいね。

    返信削除
  3. 村上春樹の短編小説が始まるのかと・・・
    あれこれ、いらん想像してもたがな・・・
    彼と父親をどうしてsameで語らないのだろうと想像したのだよ・・・

    まあ、でも、馬車馬ライフで、やや、お疲れなのかな・・・
    ガッツリ!ガッツリ!儲けておくんなまし!

    IMCOを所有したことはないけろ、
    セキセイインコとダルマインコは飼育経験有りやけど、何か?

    返信削除
  4. 心のPoem、オシャンティやろ(笑)
    最近、疲れてるねん(爆)

    ワシはニワトリ飼っとったよ!
    けど、ある日、鳥すき鍋になっとったorz

    返信削除