5.08.2015

adidas TERREX SOLO インプレ

この間、南山でTERREX SOLOの“登れる度”を試してみた。
といっても試したのが僕自身なので、あまり参考にならないかも(^_^;
上手な人が履いたらもっと登れると思いますよ。
登って歩ける靴という位置づけなので、クライミングシューズみたいにジャストサイズ、ではなく
つま先に5mm程度の余裕があるサイズです。

僕が登ったルートはたぶん上記のルート。
女岩のグレードはよく分からんけど、WEBで調べたところ
②V級/左Ⅱルート
③V級/バンドルート
④Ⅵ級/競技会ルート
⑥Ⅲ+級/右上ルート
?(リード/ヌンチャクをつかみA0)
だそうだ。

②V級/左Ⅱルート
 僕→リードで余裕。

③V級/バンドルート
 僕→トップロープで必死のパッチ。何回かテラス側に身体が傾きテンションorz
 追記/バンドの外側に右足を出すと体がテラス側に傾かないよ

④Ⅵ級/競技会ルート
 僕→トップロープで必死のパッチのパッチ。めっちゃダマしダマし。
   本当はバンド上部に上がらずに直登したかったのだが、逃げてまった。
   フラットソールならトップロープで何とか直登できるレベルです、僕的には。

⑥Ⅲ+級/右上ルート
 僕→リードでやや余裕

?は、リードで白いスラブの所でヌンチャクをつかみA0。
 僕→トップロープだと登れると思うけど、リードだとビビりが入るorz

 ってな感じだった。



 以下、どっかのサイトより勝手に拝借。ゴメンチャイ。
①Ⅲ+級/左Ⅰルート ②Ⅴ級/左Ⅱルート ③Ⅴ級/バンドルート
④Ⅵ級/競技会ルート ⑤Ⅴ+級/ダイレクトルート ⑥Ⅲ+級/右上ルート
⑦Ⅵ+級/凹角ルート ⑧Ⅴ級/スラブⅠルート ⑨Ⅴ+級/スラブⅡルート
⑩Ⅵ級/左上バンドルート ⑪Ⅳ+級/右Ⅰルート ⑫Ⅳ級/右Ⅱルート

フラットソールに比べると、TERREXはつま先がとがっていないので小さなステップには乗れなかった。
フリクションはまあまあ。今回は卸したてだったので、効きがまだ甘いと思う。
もう少し馴染んでくると、フリクションがさらに効くようになるんじゃないかな。

3時間ほど岩をやったソールは、先端がいい感じに少しこすれてきた。



ソールの曲がり具合はこんな感じ。
つま先に5mmほど余裕があるので、先端で乗るとグニャっとしてしまう。
インサイドかアウトサイドを使いこなせれば、もっと登れるようになる、か?
あと、この靴をどこまで信頼できるかという心理的な部分が大きいように思う。
もう何回か登ると感覚がつかめてくるんじゃないかな〜。

ということで。


4 件のコメント:

  1. アプローチシューズって言う位置付けだから本チャンのクライミングシューズと比べると、限界値は言わずもがなだと思うけど、ソールに使われてる素材自体は岩に対してフリクションが効くから一皮捲れてからがほんまの味が出てくるんちゃうかなぁ!
    必要にして十分なシューズやと思うなぁ〜
    素人感覚やけど、ちょっとサイズにゆとり持たせてるから故にソールの周囲は耳が無く、逆にアールが少し付いてる方がよりエッジが効くような気がするけどどうなんかなぁ!?

    返信削除
  2. ひろくん、まいど☆
    昨日、仕事絡みで御在所の岩へ行ってきました。
    バーチカルな岩登りはなかったんだけど、
    一応ロープで確保するような岩場ではフリクションがバッチリ効きました。
    ソールも一皮捲れていい感じです。

    >ちょっとサイズにゆとり持たせてるから故にソールの周囲は耳が無く、
    >逆にアールが少し付いてる方がよりエッジが効くような気がするけどどうなんかなぁ!?
    これについてはよく分からんですけど、僕の感覚としては
    クライミングシューズの方が、岩の微細な凹凸に“乗る”ことができる感じです。
    TERREXは“乗る”という感覚ではなく、“フリクションを効かせる”という感覚。
    ちょっと口では説明しにくいねんけど(^_^;

    返信削除
  3. なるほど〜

    ソールの素材自体はフリクションが効く柔らかくて良い素材だから、スメアが強そうやねぇ(^_^)v

    返信削除
  4. ひろくん、まいど☆

    ご想像通り、スメアリングには強いです(笑)

    返信削除