3.24.2016

山と高原地図「木曽駒・空木岳」のルートが更新された模様


ヤマレコのヤマプラを見ると、空木岳の池山尾根の登山ルートが更新されたようだ。
昨年迷ってまったヨナ沢の頭〜大地獄までのルートが、ほぼ正しい夏道ルートになっている。
ヤマプラの元図は昭文社の「山と高原地図」なので、紙地図の方も変更されているのだろう。
※ちなみに国土地理院の地理院地図はまだ更新されていないみたい。


現在のヤマプラ「木曽駒・空木岳」より。



ただ重箱の隅を突くようだけど、微妙に違うかも。

上図によると、ヨナ沢の頭でルートが尾根から逸れ、
南斜面をトラバースして小地獄に向かっている。←下山時の話ね

僕らが昨年残雪期に下山したときの感覚だと
ヨナ沢の頭よりやや手前(空木側)で尾根を離れトラバースした感じだった。

まあ、おおむね合っているのでさほど問題はないと思うけど、
下山時にヨナ沢の頭を越えてしまったら、
そこから先は夏道ではなく冬道と認識した方がよい。
※積雪期は、ヨナ沢の頭から南斜面にトラバースすると危険な場合もあるので
 尾根上をトレースすることが多いとのことだ。←そのルートが冬道ね





↓間違っておりましたorz(03.26追記)
ルートは夏道にほぼ修正されているようだけど、
大地獄と小地獄の位置は微妙に間違ったままだ。
赤字(拙加筆)が正しい位置になる。
※もし間違ってたら指摘してください<(_ _)>


残雪期を迎えるにあたり、夏道と冬道が混在しているとき
僕らのような間抜けな道迷いをしなくて済むよう記事にしました。
以上、ご参考までに。


(03.26追記)

チト気になったのでいろいろと調べたところ
「日本アルプス登山ルートガイド」に以下のような記述があった。

<以下抜粋/改行は筆者>
大地獄と呼ばれるやせ尾根に入ると、それまでの登山道とは一変し、
急峻で狭い尾根道の為、転落、滑落事故が多発している様です。
何か所にも階段が設置され、登山道沿いには安全確保用ワイヤーが取り付けられています。

橋を渡り右側から巻き終わると核心部です。
崖側に滑落しないように鎖が付けられた岩場をやり過ごし、
階段を上った所が、このコースで最も長い(約7m)、約50度の鎖場です。
高度感はあまりなく、スタンスは十分あるのでさほどの難しさはありません。

大地獄を過ぎると小地獄と呼ばれるトラバースです。
南側をトラバースする箇所には手すりが付けられ危険な所ではありません。

小地獄を過ぎた所が迷い尾根です。
「迷い尾根」と名前にありますが、ほぼ直角に曲がる通過点です。
<抜粋終わり>

ということは、
・大地獄  → 階段と鎖場があるところ
・小地獄  → 鎖場を抜けたトラバース
・迷い尾根 → 小地獄のトラバースを過ぎた直角に曲がるところ
になる(上図参照)。

僕は以前、大地獄が階段のあるところで、小地獄が鎖場なんだと勝手に思い込んでいた。
「階段よりも鎖場の方が危険なのに、なんで大/小逆なんやろ?」とは思っていたけど、
そこから先は深く考えていなかったんだよね。

トラバースは「小地獄」というほど危険な個所ではないと思うんだけど、
恐らく現在のように橋などが整備される前は、滑落の危険があったのだろう。

ということで、山と高原地図の「大地獄」「小地獄」の位置で合ってます(たぶん)。
関係者のみなさん、どーもすみませんでした<(_ _)>




※ただし「中央アルプス・イラスト山岳マップ」によると

<以下抜粋/原文ママ/文字修正改行は筆者>
平成1993年に三代倉田武志救助隊長が二重遭難死亡した沢で、
この事故を契機に道を荒井沢側に起伏のない道に付け替えたが、
2001年に崩落があり、桟橋の手前が崩壊したので
大正時代から歩かれていた急峻な太田切川の尾根道へと戻された。
はしごのない時代(大正)、現在鎖が設置されている岩盤が
大地獄に次ぐ困難な登路のため小地獄と名付けられた。  
<抜粋終わり> 
という記述があり、同サイト内のイラストマップも、鎖場付近が「小地獄」となっている。
ますます分からない……。


※どなたかご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。






まあ、呼び方はとりあえず脇へおいといて、
(登ってるとき)階段と鎖場が出てきたら上記の赤囲みの辺りにいる、と考えればよいかと。
もしくは、やせ尾根注意の看板は2個所にあるので、
最初の看板が地獄のはじまりで、次の看板が出てきたら地獄の終わり、と考えればよいかと。
※(下山時)冬道に突入して、ヨナ沢の頭を突っ切り、P2282の辺りから大地獄へ向かった場合、
やせ尾根の看板には1つ(下の看板)にしか出合わないよ〜!為念




6 件のコメント:

  1. 今年のGWに初めて木曽駒〜空木縦走しようおもてるから
    参考になるわ〜おおきにベリマッチやで〜♫
    そやけどテン場が無いのよねぇ・・・
    駒峰ヒュッテあたりにテン場があればサイコーなんやけどなぁ
    また、あれやね、確信犯的緊急ビバーク風テント設営かなぁ(笑

    返信削除
    返信
    1. かっちゃん、まいど☆
      どういたしましてユーアーウェルカメどす。

      今年は雪が少ないから、GWやったら夏道になりそうやね〜。
      「ヨナ沢の頭」から先、P2282に向かう尾根上にも
      冬道を示すピンクテープが盛大に付いているので(昨年はね)
      引きずられないよう、ようようお気をつけください。

      木曽駒→空木の小屋は
      檜尾避難小屋→木曽殿山荘→駒峰ヒュッテ→空木平避難小屋の順。
      木曽殿と駒峰は営業前なので、冬期の開放スペースしか使えないと思う。
      いずれにせよ、人が多くて小屋内に入られない可能性もあるので
      最低でもツエルトを持参した方が無難やと思いまっせ。

      で、各小屋周辺について(幕営の可能性を鑑みて)
      <檜尾避難小屋>
      ・中は結構広くて快適
      ・ぼっとんトイレあり(使えるかどうかは?)
      ・小屋周辺に幕適地ありあり
      ・小屋から東へ延びる檜尾尾根を10分程度(?)下ると水場あり
       (GWやったらたぶん涸れてないと思う)

      <木曽殿山荘> 
      ・冬期小屋あり(山荘自体は冬期休業中)
      ・トイレは?
      ・小屋周辺に幕スペースあり
      ・水場は御岳見晴台方面へ下る登山道に、木曽義仲の力水ってのがあったと思う(片道10分?)

      <駒峰ヒュッテ>
      ・冬期開放スペースあり(入口の土間/4〜5人でいっぱい)
      ・トイレは?
      ・小屋周辺に幕適地はたぶんなかった
       (ものの、テラスがあるので最悪そこで横になることはできると思う)
      ・水場はたぶんなし

      <空木平避難小屋>
       見えないものを見ようとしなくても見えるらしいから、泊まっちゃイヤン♥


      さて、木曽駒→空木ルートのばやい、
      ・初日は頑張っても木曽殿山荘までしか行かれへんと思う(木曽殿でもキツいかな)
      ・というか、檜尾避難小屋の方が景色がよい
      ・しかしながら、2日目に檜尾から下界まで降りる場合は、
       ムーチョ長くて、ムーチョ飽きて、ムーチョ心が折れて、ムーチョしんどいYO!
      ・だからのんびりやったら、2泊3日で檜尾小屋→駒峰ヒュッテ泊がおすすめYO!


      てなわけで、いったんこんなところで☆

      削除
  2. 貴重な情報ありがとね〜
    一泊二日予定なのでなんとか木曽殿山荘まで行きたいと思うのよ。
    水場もあるしね!そうなると宝剣はパスして千畳敷から極楽平へ直行かなぁ・・・
    まあ、とにかく空木岳避難小屋だけは絶対スルーやわ〜(笑

    返信削除
    返信
    1. 宝剣はまあ、いつでも行けるっちゃー行けるから
      極楽平直登の方がええかもね。
      たぶん2時間半は巻けるから。
      気をつけてちょ!
      ちなみに、こちらはGWも馬車馬なり☆

      削除
  3. 山高も訂正して頑張ってはいるけど、それでも、だいたい!
    だなぁ〜
    まあ、概念図だからある程度でも良いのかもしれんけど歩行中に大事な目標物に関してはあまり実際とずれないように、ちゃんと現地にて地形図と照らし合わせて確認の上で記載して欲しいよね(~_~;)
    山渓の1/25000の地図はまだ北アルプスと八ヶ岳だったか?
    まだ全域出てないみたいやけど、そっちはどうなんかなぁ!?
    ってちょっと興味有り!

    返信削除
  4. ひろくん、まいど☆

    いろいろ調べた結果、
    たぶん山と高原地図の「大地獄」「小地獄」の位置であっているみたいです。
    完全に僕の勘違いのようです。追って修正記事をアップしますね〜。
    スンマセン<(_ _)>

    ちなみにヤマケイの1/25000のマップにも中央アルプスは載ってたよ!


    返信削除