3.28.2016

なぜサングラスやゴーグルを外しちゃうのん(笑)

神々が御座す山嶺で危うく遭難しそうになった。
そう、あの山嶺は、聞きしに勝る魔の山だった。
サングラスやゴーグルの件が些末に思えるほど
難所に次ぐ難所でトレースするだけでも困難を極めた。
紙々の山嶺を登ったのはもう随分前のこと。
あのときの感動は今でも忘れていないが、
ルートの詳細はほとんど覚えていない。
今回、頭の片隅に残るかすかな記憶を頼りに、
迷いながらもどうにか下山することができた。
しかし、あの山嶺は今なお多くの謎に包まれている──。

ひと言のみ、「なぜ山嶺を撮ったのか?」

かっちゃん、スマソ<(_ _)>
ツッコミどころが多すぎて書けましぇん(笑)

あ、もう1点、
原作では「ビカール・サン」だけど、なんで映画では「ビサル・サルパ」なんじゃ?
知ってる人、教えてちょ!

※やっぱり暗サツ教室 卒業編を見た方がよかったかな〜

6 件のコメント:

  1. 8000mの高峰に登った経験が無い僕らでも、ある程度登山を続けていいれば8000mがどれだけ死に近い環境なのかは知識として持っているわけで・・・
    ツッコミどころ満載なのは御意なのだが、やはり商業的に阿部ちゃんや岡田くんのご尊顔無しには成り立たないのだろう・・・
    その点、エベレスト3Dは潔かった。だが逆に誰が誰だか状態も多かったが(笑

    >ひと言のみ、「なぜ山嶺を撮ったのか?」

    ある意味、深い言葉やね(笑

    平山秀幸さんは俺なら撮れる!と思ったんやろね・・・
    残念だわ・・・ほんま残念だわ・・・

    逆に予告編で見たレオ様の映画を観たくなったあるよ
    ようやく念願のアカデミーショー取ったヤツね。

    ほんでから・・・「ビサル・サルパ」は・・・わからん・・・

    返信削除
    返信
    1. >その点、エベレスト3Dは潔かった。だが逆に誰が誰だか状態も多かったが(笑
      超ワロタ〜!

      話は変わるけど「外道クライマー」超オススメなり☆
      P23の7行目にこの本の本質がすべて込められていると思う(笑)

      削除
  2. 宮城公博の「外道クライマー」ポチったナウ!
    夢枕獏も絶賛しとるな〜
    楽しみじゃ♫

    返信削除
  3. (~_~;)
    感化されてしもうた!

    返信削除
  4. えれぇこった2号2016/03/28 23:37

    daiちゃん達も、見に行ったんですね。
    小説の中だけに留めておけば良かったと。
    もう山岳映画は、レンタルビデオにしようっと心に誓いました。

    返信削除
  5. ひろくん、kaka、
    よろしくどうぞ〜(笑)

    返信削除