3.31.2016

鈴鹿スカイライン、冬期通行止め解除

本日3/31 10:30に通行止めが解除された模様。
ソース◎四日市建設事務所http://www.pref.mie.lg.jp/HKENSET/HP/

※滋賀県側は不明なり




3.28.2016

なぜサングラスやゴーグルを外しちゃうのん(笑)

神々が御座す山嶺で危うく遭難しそうになった。
そう、あの山嶺は、聞きしに勝る魔の山だった。
サングラスやゴーグルの件が些末に思えるほど
難所に次ぐ難所でトレースするだけでも困難を極めた。
紙々の山嶺を登ったのはもう随分前のこと。
あのときの感動は今でも忘れていないが、
ルートの詳細はほとんど覚えていない。
今回、頭の片隅に残るかすかな記憶を頼りに、
迷いながらもどうにか下山することができた。
しかし、あの山嶺は今なお多くの謎に包まれている──。

ひと言のみ、「なぜ山嶺を撮ったのか?」

かっちゃん、スマソ<(_ _)>
ツッコミどころが多すぎて書けましぇん(笑)

あ、もう1点、
原作では「ビカール・サン」だけど、なんで映画では「ビサル・サルパ」なんじゃ?
知ってる人、教えてちょ!

※やっぱり暗サツ教室 卒業編を見た方がよかったかな〜

3.25.2016

アマゾンのCLOUD DRIVE、ええやん!と思ったけど



アマゾンのサービスで「CLOUD DRIVE」というのがあるんだって。
なんでも、プライム会員(年会費4000円弱)になると
画像を無制限でクラウド上に置いておけるんだってさ(画像以外は容量に制限あり)。
画像は、JPEGはもちろん、なんとRAWデータもOK。
さらに、グーグルくんみたいに勝手にダウンサイジングされず
元データのまま保存してくれるんだって!スゲーな。
「こりゃええやん」ということで、まずは無料の5GBプランにサインイン。

……してみたところ、ウーム、現状だとちとアレですわ。
webを彷徨ってみたところ、いろいろアレらしいけど、
ワシ的に一番アレなのは、「FUJIのRAW、ハミゴですやん!」ってとこ。

以下、箇条書きにする
・対応しているRAWフォーマットは、ニコン、キャノン、ソニーのみ(03.25現在)
・対応しているRAWでも、プレビューの表示はかなり粗い
・一方で、JPEG画像はプレビューでキレイに表示される
・FUJIの.RAFは対応外ながらアップロードはできる
・アップロードはできるが、プレビューで表示されない
・「表示できませんでした」と木で鼻をくくったメッセージが表示されるのみ(`Д´)
・個別に画像をダウンロードしたいときには使い勝手が超悪いだろう
・てか、心眼を開いてもほぼ不可能だよね
・プレビューできない画像も元データをDLできるので、一応保存してくれてるよう

ということで、まあ、バックアップ用の外部ストレージとして割り切るなら及第点か。
月あたり300円ちょいだしね。


アマゾンさん、以下を希望しまーす!
・対応RAWフォーマットを増やしてちょ(できればFUJIのRAWからやってちょ)
・RAWデータのプレビューの画質解像度を上げてちょ
この2点が改善された暁には、必ずやプライム会員になります。
いや、プライム会員にならせていただきます<(_ _)>
アマゾンさん、ひとつよろしくお願いいたします。




スクリーンショットでチト分かりにくいけど
上段がRAW(ニコン)のままアップした画像で
中段がJPEGの画像、下段はFUJIのRAW画像





3.24.2016

山と高原地図「木曽駒・空木岳」のルートが更新された模様


ヤマレコのヤマプラを見ると、空木岳の池山尾根の登山ルートが更新されたようだ。
昨年迷ってまったヨナ沢の頭〜大地獄までのルートが、ほぼ正しい夏道ルートになっている。
ヤマプラの元図は昭文社の「山と高原地図」なので、紙地図の方も変更されているのだろう。
※ちなみに国土地理院の地理院地図はまだ更新されていないみたい。


現在のヤマプラ「木曽駒・空木岳」より。

3.06.2016

ほうとうはうまい☆

取り急ぎ。


下部温泉「かど久」のほうとう。
麺は手打ち、味噌は自家製、具はごろごろ。
注文後に作り始めるので40分ほどかかる。が、超うまい!
予約すれば待たなくてよいとな。1380円。
10年弱ぶりに訪れた。よかった。





蕎麦もすごい。
赤沢宿「そば処 武蔵屋」のもりそば。
もりそばなんだけど、小鉢2つと漬物が付いてくる。
でもって、600円と超ハイコスパなのだ。
そば粉は長野大町産のようだ(そば粉の袋に書いてあった)。
そばつゆはチト甘めなのだ。
はじめて訪れた。また訪ねると思う。





温泉もよい。
奈良田温泉「白根館」の温泉。
この湯が超ヌルヌルなのだ。
1泊2食で1諭吉1夏目程度。
いい宿です。また来ると思う。





最後は、丸藤葡萄酒工業株式会社。
ドライバーなので試飲はできずorz
でも、1987年の白を買ったのだ。
飲むのが今から楽しみだ。
ここもしばらくぶりの再訪だった。






3.03.2016

orz

酔っててポチッてまった……。


simond JORASSES 40+α BACKPACK
<カタログスペック>
容量◎40L(拡張5L)
重量◎1,300g
背面長◎43cm


3.01.2016

八ヶ岳裏同心ルンゼ

裏同心ルンゼに行ってきた。
ドピーカン&ポカポカ、さらにアイスの状態もよく、サイコーの山行となりましたわ。
F5を越えたあたり