4.19.2015

阿弥陀岳遭難について考える

山の仲間と阿弥陀岳の件についていろんな話をした。
お亡くなりになったことは本当に悔やまれますが、
自分なりに考えてみたいと思っています。
以下、自分(および山の仲間)用です。
もしご意見等がございましたら、よろしくお願いします。

出典◎地理空間情報ライブラリー 地理院地図3D
http://maps.gsi.go.jp/#16/35.970834/138.358877 他

切り取り・合成・作図等加工


自分用シミュレーション

A 阿弥陀岳山頂から中岳のコルを目指すも、立場川側へ逸れてしまった
<回避するには>
 →山頂でコンパスをセットする
 →尾根を意識して、尾根からなるべく離れないように降りる
 →山頂とコルの標高差160mを意識して降りる
 →進行方向左手に中岳、左前方へ赤岳が見えたらおかしい(視界あれば)
 →ホワイトアウトが晴れるまで、山頂で待つ ←0420追記
  「考える登山」さんがブログにそう書いていらっしゃいました
  なるほど、たぶんベストだと思います(少なくともしばらくは山頂に留まり様子を見るべき)

B 青ナギ下付近で地図で確認するも(ルート間違えはもう少し早くから気づいていた)
  雪崩の危険から引き返さず、立場岳へ続く支尾根を目指しさらに降りた
<疑問>
 →B地点から無名峰へ続く尾根は登り返しができないのか?
  (立場岳支尾根と同等程度の斜度に感じる。登り返すの距離も短いような…)

C 南稜に合流後、阿弥陀岳へ向かった
<自分ならどう判断する?>
 →パーティに余力・余裕があり・非常食があれば登り返す可能性も
  →行者小屋にベースがあるので回収したいという気持ちが働くだろう
   →立場岳から阿弥陀岳までトレースがあれば、まずザクッと5時間と想定
   →ラッセルならば途中再ビバークも視野に入れる
    →5時間なら、立場岳9:30発ー阿弥陀岳14:30着ということになる
    →遅くとも阿弥陀岳着を15:30と設定(6時間)し、P1・2コルで3時間経過していればビバーク決定
 →南稜を降りるという選択肢は?
  →立場岳から舟山十字路まで、まずザクっと2時間を想定
   →立場岳9:30発ー舟山十字路11:30着ということになる
    →舟山十字路から美濃戸口まで1時間〜1時間30分?(美濃戸口13:00着)
     美濃戸口から行者小屋まで3時間(行者小屋16:00着)
      └→南稜下山にかなり気持ちが傾くはず───────────────┐
  中岳のコルから外れた時点で、山行に失敗したと考えられるか、認められるか。←┘
  →失敗と認めることができれば、南稜を下山するという判断が下せるだろう(はずだ)


D 阿弥陀岳山頂から中岳のコルor北陵方面ではなく、摩利支天方面へ向かった(と思われる)
<疑問>
 →わからない…





2 件のコメント:

  1. Dは、2ルンゼで発見された、という報道から割り出された足取りですが、もし報道が誤りだったら、つまり、3ルンゼだったら、解決されますね。 県警の「事故報告」ってどうなってるのだろう?

    返信削除
  2. 匿名さん、こんばんは。
    仰るとおりだと思います。
    僕も発見されるまでは南稜P3 or P4あたりから滑落して、
    第3ルンゼ付近で見つかるのではと思っていました。
    しかし、報道では第2ルンゼで発見された、と。
    南稜から広河原方面へいったん降りた? で、2ルンゼに登り返した?
    それはどう考えてもムリがありますので
    阿弥陀岳山頂まで到達して、摩利支天方面へ向かい滑落したと考えました。
    でも、報道が間違っていて3ルンゼであったとしたら
    「なぜ摩利支天方面へ向かったのか」という謎は解決されます。

    今夏頃にはより最終報告をまとめるとのことですので、
    より詳細な検証・報告を待ちたいところです。

    またご意見を頂戴できますとありがたいです。
    いろんな方のご意見は、多角的に考えるヒントになります。
    ありがとうございました。


    返信削除